ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDに効果的な治療法!薬を使わないで改善できる方法

近年、広く知られるようになった発達障害の一つ、ADHD。不注意さ、多動性、衝動性を特徴とします。日常生活に支障を来たし、対人関係をうまく築くことができません。症状を緩和する薬は、現在、2種類あります。

ADHDと診断されると、そのいずれかの薬を服用しながら、ADHDにとってトラブルの少ない環境を整え、行動様式を変えていくことになります。しかし、薬は、万能ではありません。

ADHDは就学前後から治療が始まる

adhd

ADHDは、脳の前頭前野部分の機能に異常があることが、原因と考えられています。前頭葉は、物事を整理したり、論理的に考えたりする働きを担う部分です。ADHDの人は、前頭葉の働きに何らかの偏りがあり、論理的に考えたり、整理整頓したり、集中したりするのが、苦手とされています。

人の話をきちんと聞けない、同じミスを繰り返す、大事な約束を頻繁に忘れる、人の話に割り込む、順番やルールを守れない、部屋を片付けることができないなど。ADHDの症状は、日常生活の妨げになることが、少なくありません。

普通の人が、当たり前にできることが出来ないことから、ADHDを疑われるようになります。発達障害への関心が社会的に高まった今日では、集団生活を始めるようになって、間もなく、ADHDに気づかれるようです。

わが子はADHDではないかと疑いを持つようになるのが、5.5歳。翌年までには、病院を受診。病院を受診して、2~3ヶ月も経つと、診断が下り、治療が始まるというケースが、多いようです。小学校にあがる頃から治療を開始することが、近年では多いことが分かります。

→薬を使わないADHDの治療法はコチラ

治療は環境を整えることから始まるが

adhd

幼い子供の場合、ADHDとの診断が下ると、まずは、環境を整えることから始まります。ADHDの子供は、気が散りやすいため、注意が向きやすいものは、作業する空間から極力取り除くことが大切です。

学校では、他の子供の様子が目に入る後ろの席では、授業をきちんと受けられません。窓際の席だと、外の様子に気を取られ、落ち着かなくなります。注意を逸らすものが目に入りにくい席にしてもらうことが、必要になります。

家庭では、机周りをシンプルにすることが、欠かせません。

授業を受ける環境は、先生に頼んで配慮してもらうことができますが、不安が尽きないのが、友達との付き合いです。大事な約束をしょっちゅう忘れてしまったり、借りたものを返すのを忘れてしまったり、借りたものを乱暴に扱って壊したりします。そのため、友達との関係がこじれることが、少なくありません。

衝動を抑えることができないのも、トラブルの元です。思いついた瞬間に、後先考えず、実行に移してしまうため、自分が怪我をするだけでなく、友達を怪我させてしまうことが、しばしばあります。感情を抑えられず、手が出てしまい、クラスメートに乱暴することも、稀ではありません。

→薬を使わないADHDの治療法はコチラ

薬を飲んでいる間は症状が改善される

adhd

集団の作り方が変化しだす小学校の中学年になる頃には、ADHDの子供は、学校でトラブルを抱えることが多くなります。ADHDの治療法は、心理社会的療法が薬物療法の前に行われますが、心理社会的療法だけでは、症状を緩和できないケースが、少なくありません。

ADHDの診断が下り、子供がADHDと診断されたことを公表した場合も、子供の社会では、発達障害に配慮するのに限界があります。クラスで浮いてしまい、友達ができないことから、薬物療法に踏み切るケースが、多いようです。

ADHDの症状を緩和する薬は、現在、2種類使われています。ストラテラとコンサータです。この2つは、薬のタイプが異なります。ストラテラは、非中枢神経刺激薬です。脳のノルアドレナリンの回収を妨げる働きをします。コンサータは、中枢神経刺激薬です。脳のドーパミンの分泌を促します。ADHDの症状と、患者の体質に合わせて、このどちらかの薬を使います。

薬を飲むと、ざわついていた頭が、静かになるのを感じると言います。集中力が高まり、周囲の状況が分かり、自分の行動がどのようなものかが、分かるようになります。ADHDの症状が改善されます。ただし、行動の抑制が効くのは、薬が効いている間です。

→薬を使わないADHDの治療法はコチラ

高校生くらいになると、薬を飲みたがらなくなる

adhd

薬の効果は、限定的です。受験勉強をしているADHDの子供は、薬の効き目が保たれる時間に、勉強時間を設定する工夫をすることになります。

効果が限定的なのに対し、副作用は長時間続くことが、少なくないようです。ADHDの治療に使われる薬は、いずれも副作用として食欲不振があります。睡眠障害も現れます。

それ以外の副作用としては、ストラテラは、便秘、腹痛、口の渇き、眠気などです。中枢神経刺激薬のコンサータは、脳に与える影響が大きいため、副作用も大きく、頭痛、吐き気、めまい、心拍数の増加、イライラ、易怒性などが、問題となります。

ADHDと治療法として、薬物療法は、現在、多く行われていますが、効果と副作用を考え合わせて、服薬は検討されます。ADHDの薬の服用は、小学校の中学年から高学年にかけて多くなるようです。しかし、思春期を迎えると、薬を飲みたがらないADHDの子供が増えてきます。

高校生になると、薬を飲まない子供が多くなります。障害があっても、自分は自分とする意識に目覚め、薬を飲むことへの抵抗感が強くなるようです。それまでやり過ごしていた副作用が、我慢ならないものになります。薬による治療法は、避けたい。薬に頼らない治療法はないかと模索する、ADHDの子供は、思春期になると、増えるようです。

→薬を使わないADHDの治療法はコチラ

二次障害を引き起こす前に試してみたい治療法

adhd

薬の服用を中断して、心理社会的療法に戻っても、ADHDの症状の改善は、必ずしも順調に行きません。また、思春期になると、ADHDの子供は、しばしばママとの関係も悪化することが、報告されています。

家庭でも居心地が悪く、学校でもADHDの症状ゆえにトラブルを抱えるため、二次障害を引き起こすことが、少なくありません。抑うつ状態、うつ病、不安障害などに悩むようになります。

薬に頼らない、ADHDの治療法はないものか?そうした模索をしている人の間で好評な治療法が、『アスペルガー・ADHD・発達障害 改善マニュアル』です。

『アスペルガー・ADHD・発達障害 改善マニュアル』は、実例に基づき、症状の改善に役立ったハウツウを網羅しています。特色は、症状の改善に役立つ食事へのアドバイスが充実していること。食べると良いもの、食べると症状を悪化させるものが、具体的に示されています。

『アスペルガー・ADHD・発達障害 改善マニュアル』を実践したところ、服薬していないのに、二次障害で損なわれた体調が、1週間ほどで改善するのを実感したという人もいます。

→アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルはコチラ

公開日: