ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDや発達障害の人に向いている仕事!クリエイティブな職業が適任な理由!

   

スポンサーリンク

ADHDは、脳神経が未完成なためによる発達障害です。

ADHDである人も、その他の発達障害を持っている人も、大人になったら働かなくてはいけませんよね。

ADHDなどの発達障害も含め、向いている仕事はどんなのがあるでしょうか。

adhd

向いていないことは?

ADHDなどの発達障害を持っている人は、人と接することが不得意だったり、素早く作業するのが苦手だったりする人が多いですよね。

レジ係りやレストラン店員などの人と接することが多い業種は合わない人が多いのか、長続きしない人が多いようです。

臨機応変に対応することができない人も多く、小さなミスが大きな損害につながってしまう仕事も不向きなのかもしれません。

人が多い職場や、体育会系の職場なども向いていないといえます。

人と合わせることが苦手な人が多く、衝動的に自分の意見ばかりを話してしまい、相手の意見を聞いていることができない場合も職場ではよく思われないことも多いですよね。

なので、一人作業が多く、素早く要領よくこなすというよりもゆっくりでもいいから自分のペースでできる仕事が向いているといえますよね。

たとえば、デザイナーやシステムエンジニア、カメラマンや作家などクリエイティブな仕事でしたら、一人の空間でマイペースに仕事できる職業でしたら向いている仕事になります。

ADHDの人もそれ以外の発達障害の方も対人関係のない仕事、または少ない仕事は適職と言われているようです。

発達障害であっても個人差があり、全員が向いていないというわけではなく、その人次第では向いていないといわれていても長続きできるかもしれません。

スポンサーリンク

→ADHDの特徴!衝動性と多動性の違いは?幼児の診断で何がわかるのか?

興味をもっていて集中できる仕事も適職?

ADHDの人などは、興味をもったことに関しては集中力が続くことも多いからか、不向きと言われている業種でも働いている人もいます。

周りの職場の人がフォローしてくれるなどの対応や、作業に優先順位決め紙に書くなどの工夫をして、うっかりミスを減らせば長続きできるのかもしれませんね。

ただ、職場の環境に恵まれず、ちょっとしたミスでも叱られることが多く劣等感を覚えることが多いという場合は、転職を考えることも大事です。

叱られたことや、周りと同じようにできないことで、劣等感を覚えてしまい自信喪失してしまう場合も注意が必要です。

自信喪失から二次障害として引きこもるなどする前に、自分に向いた職業を見つけることも大事なこととなります。

無理して続けて長続きしないというのを繰り返す前に、自分にあった仕事を見つけ長く働ける職場を探してみてくださいね。

興味をもっていても思うように仕事ができなくて、自信喪失するようでしたら、自分にできる仕事がある職場への転職もおすすめです。

在宅での仕事なども、コツコツ自分のペースでできるし、対人関係も少なくてすむので在宅ワークなどを選ぶ人も多いようです。

自分にあった仕事を見つけて頑張ってくださいね。

→思春期のADHDの特徴!子供の行動に頭を悩まされる!治療法はあるのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD, 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事