ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害は職場で目の敵にされる?会社の上司に目の敵にされない方法

      2016/08/17

スポンサーリンク

発達障害をもっている人は、職場で目の敵にされてしまっている人も多くいるようです。

目の敵にされてしまうのは、どうしてなのでしょうか。

もし目の敵にされてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

adhd

発達障害が目の敵にされやすい理由

目の敵にされやすい理由にも、いろいろありますが、職場などで上司などに目の敵にされるのには、いくつかの特徴があります。

「同じことを何度も聞く」といったことも、仕事場でだと「この前聞いてなかったの?」と思われてしまいます。

「同じミスを何度もする」といったことも同じようにとられてしまいます。

発達障害の中でも、ADHDやADDなどで不注意の症状が強い人は、同じミスを何度もしてしまうといったことが多いですよね。

仕事のやり方など、3回以上聞くことは、「話を聞いていない」ととられてしまうことが多いので、忘れないようにメモを取ることや、見える場所にメモしたものを貼っておくなどの工夫が必要となります。

スポンサーリンク

→発達障害のグレーゾーンは仕事にどんな影響を及ぼす?

目の敵にされるのは空気が読めないことも原因となる

「自己主張が強すぎる」など「空気が読めない」といったことも理由となります。

気楽に雑談をしているだけなのに、空気をよめずに真剣に答えだしてしまうことや、雰囲気にあった行動や発言が多いと、「一緒に仕事したくない」と思われてしまうこともあります。

アスペルガー症候群の、相手の気持ちを読み取ることができないことや、暗黙のルールがわからないといった特徴から、空気が読めないといった行動や発言が出てしまうことも多いです。

ADHDの多動性が強い人ですと、相手のことを考えずに、時と場所を考えずに、一方的にしゃべり続けてしまうこともありますよね。

また、感情的になりやすいことも、職場では扱いづらい人ととられてしまいます。

些細なことで、急に怒り出してしまう人もそうなのですが、それよりも扱いづらいと思われてしまうのが、勝手に落ち込んで泣き出してしまう人になるようです。

アスペルガー症候群の方は、否定な言葉を過敏に受け取ってしまう傾向が多いこともありますので、注意が必要な時もありますね。

アスペルガー症候群以外の発達障害も、ストレスを抱えすぎて鬱になりやすい傾向にもあるので、注意が必要です。

目の敵にされやすい理由は他にもありますが、発達障害をもっている人の特徴からくる症状が、嫌がられることや、関わりたくないことにもつながってしまっていることもあるのです。

目の敵にされている理由には、何かしらあるはずです。

それを見つけ改善していくことで、対応が改善される可能性があります。

目の仇にもされないためにも、目の敵にされやすい行動や発言を少しでも控えるようにするために、工夫や努力をすることで改善されるかもしれませんね。

それでも、ミスを減らすことができないといったことなどがあるようでしたら、自分にあった職場に転職するということも1つの解決方法としていいのかもしれませんね。

→発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事