ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDが孤独感・劣等感・疎外感が強い原因!不安感を解消する方法

   

スポンサーリンク

ADHDの人は、生活していくうえで、様々な苦労をすることもあります。

生活していくうえで、孤独感や劣等感などを強く感じるようなのですが、どうしてなのでしょうか。

adhd

ADHDの人は失敗をして叱られ続けていた人に多い

ADHDの人は、子供のころから叱られていたことが多かった人も多く、自信喪失してしまっている人が多い傾向にあります。

そのため、否定的な考え方をしてしまう人が多くいるようです。

叱られていたことが多かった人は、自己評価も低くみてしまい、自分はダメな人間だと思い込んでいる人も多くいます。

自己評価が低いために、自暴自棄へとつながってしまうこともあるのです。

そこから、さらにうつ状態になることもあり、やる気がなくなり、何もする気が起きないといった無気力感におそわれることもあります。

同じように、周りの人と自分を比べてしまい、自分の良くないところばかりが気になってしまい、劣等感も持ちやすい傾向にあります。

まわりと比べた時に、いい点もあるのですが、自己評価を低くみているために、余計に悪い点ばかりが気になってしまうのです。

また、コミュニケーションをうまくとることができずに、友達がなかなか作れず寂しさや疎外感、孤独感を感じてしまいます。

いろいろな人とすぐに仲良くしている人を見ると、余計に疎外感や孤独感におそわれてしまう時もあります。

普通の人でも、色々な不安感におそわれる時がありますが、ADHDなどの発達障害をもっている人は、生活していくうえでの生きづらさからも余計に不安感が出てしまうようです。

スポンサーリンク

→女性のADHDの特徴!恋愛や結婚で気をつけたいポイントはアレだった!

ADHDの不安感を解消するには

孤独感や疎外感を感じてしまう時の解消方法としては、周りを気にせず、他の子と出来を紛らわせることも必要なときがあります。

1人で楽しめる遊びや、趣味を見つけることで、疎外感や孤独感を感じなくてすむのです。

好きなことをしていると、マイナス思考よりもプラス思考が働きますので、孤独感を紛らわすこともでき、疎外感や孤独感を考える時間も減ります。

また、孤独感を感じている時にこそ積極的に行動して、周りの人とコミュニケーションをとるようにしてみてもいいですね。

劣等感を感じている時は、自分の悪い点が気になってしまっているので、同じように自分のできることや好きなことをやることは、できることになり、劣等感を考えずにすみますよ。

いろいろな不安感を解消するためには、自分の解消方法を探すことも大切になります。

文字を書くのが好きな人でしたら日記を書くこともいいですし、絵を描くのが好きな人でしたら今の不安を絵にぶつけてみてもいいですよね。

身体を動かすことが好きな人でしたら、運動することで、考える時間も減り、体も疲れ睡眠することによって、不安感を感じる時間を減らすこともできます。

人によりますが、身体を動かすことによって、代謝もよくなり、マイナス思考をおさえることもできるかもしれません。

不安感を解消するのに1番いい方法は、他のことをして気を紛らわすことなのです。

考えすぎてしまうことは、ストレスをためてしまうことにもつながりますので、うつ病などの二次障害をかかえないためにも注意が必要です。

→子供のADHDや発達障害の特徴をセルフチェックする方法

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事