ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

高畑裕太の目が怖いのは病気?発達障害は目がギラギラする?

   

スポンサーリンク

高畑裕太の奔放な言動は、以前は、天然キャラとして受け止められ、バラエティー番組に欠かせない存在になりつつありました。

しかし、出演する機会の多いバラエティー番組で、視聴者の間で、密かにささやかれていたのが、「目が怖い」ということです。

特に、女性視聴者の間で、「高畑裕太、イケメンだけど、目が怖いよね」という意見が多かったようです。

takahatayuta

発達障害で目が関与する症状はあるのか?

高畑裕太の常識破りの言動に対して、現在、疑われているのが、発達障害です。

空気を読めない、自分の関心事ばかりを一方的に喋る、相手との心理的な距離感がつかめないなどから、発達障害を疑う声が、濃厚です。

そのため、高畑裕太のエピソードは、今や、発達障害と結びつけて理解されようとしています。

言動にとどまらず、高畑裕太の見た目の特徴にも、発達障害の影響を疑う人が、少なくないようです。

その1つが、目が怖いという点です。

発達障害だと、目が怖いという印象を与えるのでしょうか?

発達障害で、目が関与する症状として、近年、明らかにされたのは、ADHDの場合、目の動きが遅いということです。

目の動きと発達障害との関係に着目したのは、大阪大学の研究チームです。

研究チームは、認知機能研究で指標となる眼球の動きを調べました。

調査対象となったのは、5歳から11歳までのADHDの子供37人。

モニター上に次々と点を表示させ、目で点を追う時間を計測したところ、ADHDの子供は、定型発達の子供より遅いことが判明しました。

また、点の表示を変える際に、一瞬だけ黒い画面を差し挟むと、定型発達の子供は、反応時間が短くなるのに対して、ADHDの子供には、変化が見られないことも明らかになりました。

その結果、ADHDでは、脳で変化を覚知してスムーズな運動につなげることが難しいのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

→高畑裕太は発達障害・ADHD・アスペルガー症候群どれにあたるの?

目が怖いのは病気なのか?

高畑裕太に対して、ささやかれている発達障害の噂。

衝動性や不注意さからADHDが、空気を読めない言動からアスペルガー症候群が、疑われています。

ADHDでは、近年の研究で、眼球の動きに、定型発達との違いが見られることが明らかになりました。

しかし、目が据わるということは、指摘されたことがありません。

高畑裕太は、2014年頃から、目が変わったと噂されるようになりました。

くっきりすぎる二重まぶたが、自然な二重まぶたに変わったためです。

成人式で、友人から「整形した?」と尋ねられたことがあったと言います。自然な二重は、優しい印象をかもし出すようになったと、ファンの間で好評でした。

ただし、それは、写真でのこと。

バラエティー番組では、「表情は笑っているのに、目だけ据わっている」「目を逸らした瞬間に、怖い表情になる」「急に大きな声を出しそうな雰囲気で怖い」という感想を抱く視聴者が、多くなっていました。

そうした変化は、共演回数の多い千原ジュニアによると、「ここ1年、もっと言えば、半年くらい」とのこと。

衝動性が優位のタイプのADHDは、小学生のうちに、9割程度が治ると言われています。

最近になって衝動性が目につくようになった高畑裕太の場合、心の持ちようの変化が目の怖さに現れたと見るのが、適当と言えるでしょう。

→勝間和代さんのケース!アスペルガー・発達障害のエピソード

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事