ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

3歳児の発達障害の癇癪の対応!怒りをコントロールする方法

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている子供は、些細なことで癇癪をおこすことが多くみられます。

癇癪をおこした時には、どう対応していけばいいのでしょうか。

また、癇癪をおこさないようにさせるためには、どうしていったらいいのでしょうか。

adhd

癇癪をおこす理由を知ることが大切

3歳ぐらいの子供になると、ちょっとしたことで怒り、癇癪をおこしてしまう子が多くいます。

普通の子でも、癇癪をおこすことは結構ありますが、発達障害をもっている子供だと、それ以上に癇癪をおこしやすい傾向にもあります。

こだわりが強い子だと、癇癪をおこす頻度も多い傾向にあるようです。

自分の思い通りにならないことや、気に入っているおもちゃなどが誰かに使われている時、まだ遊んでいたいのに遊ばせてくれない時、欲しいものがあるのに自分の物にならない時など、子供により個人差はありますが、癇癪をおこすきっかけは様々です。

否定的な言葉を聞くと癇癪をおこす子もいます。

癇癪をおこす頻度を減らすためには、癇癪をおこす理由を知りことも大切になります。

否定的な言葉を聞くと癇癪をおこす子でしたら、否定的な言葉をなるべく使わないようにするだけで、癇癪をおこすことを減らすことができる可能性がありますよね。

こだわりが強く、物にこだわっている場合、その物がないことや、使われているだけで癇癪をおこしてしまうことがあります。

また、問題行動をおこしてしまった場合、その行動によっては、癇癪をおこしてしまったとしても、とめて教えてあげなくてはいけないこともあります。

なるべく怒らせないようにすることが1番いいのですが、癇癪がおこってしまった時は、色々な対処方法があります。

スポンサーリンク

→発達障害の偏食は3歳位から現れる?改善する為のポイント

癇癪がおきてしまった時の対応

癇癪をおこしている子供は、どうしていいかわからなく感情が爆発してしまっていることも多いです。

他にも、癇癪をおこす子は、癇癪をおこさない子と物事の受け取り方が違うことも多いです。

お気に入りのおもちゃが使われていた時に、癇癪をおこさない子は、「他の子が遊んでいるから待っていよう」と受け取るのに対し、癇癪をおこしやすい子は、「なんで使っているんだ」となってしまっていることがあります。

落ち着くように、抱きしめてあげることもいいのですが、発達障害の子供の場合、感覚過敏により、触られるのを嫌がる子もいますよね。

そういったこの場合は、抱きしめるという行動は、かえって悪化してしまう場合がありますので注意が必要です。

物などのこだわりから癇癪をおこしている場合は、気を紛らわせるため、説明しながら違うものに興味を向けさせることも効果的です。

欲しいものを買ってくれないといったことで癇癪をおこしている場合、「こういう理由だから買わないよ」ということを説明してあげることで、自分の行動に気付いてくれる場合もあります。

癇癪をおこした原因を知り、自分で学べない子の場合は、親が教えてあげないと、同じようなことで何度も癇癪をおこしてしまいます。

子供に分かるように説明しながら、少しずつ行動を修正していってあげることも大切なことになるのです。

→子供が空気が読めないのは病気や発達障害?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事