ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害のイライラを抑える方法!食べ物や飲み物で改善できる?

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている人は、日常生活しているだけでも困難を生じることも多く、ストレスを感じてしまうためか、イライラしやすい人が多くいます。

イライラしやすいことをおさえるためにはどうしたらいいのでしょうか。

食べ物や飲み物でも改善できる可能性があるそうなのですが、どういった食事が効果的なのでしょうか。

adhd

ストレスによってイライラしやすくなる

発達障害をもっている人は、コミュニケーションが苦手なことが多く、自分の思っていることを相手にうまく伝えることが困難なこともあります。

会話をしていても、正しい言葉で伝えられなかったり、なかなか他人に自分の感情を伝えることができなかったりするために、そのことでストレスを感じイライラしてしまうことも多くあります。

コミュニケーション以外でも、学校や社会生活の中で、うまくできないことが多いため、ストレスを感じてしまいます。

まわりと違うために、親や先生、上司などから叱られてしまうということも、ストレスがたまる原因ともなりますよね。

個人差はありますが、周りの音や声、季節の変わり目などの気温など、環境の変化でもイライラしてしまう人もいるようです。

二次障害として、睡眠障害をもっている場合、睡眠不足からイライラしてしまうこともあるのです。

他にも、体調不良や、こだわりの強さからくる好きな食べ物への固執など、ストレスを抱える部分は多くあります。

ストレスの原因となっていることをしないようにすることはもちろん大切なこととなりますが、食事療法でイライラすることを改善できないのでしょうか。

スポンサーリンク

→3歳児の発達障害の癇癪の対応!怒りをコントロールする方法

食事療法でイライラを改善の可能!?

イライラしやすい原因として、砂糖を摂りすぎてしまい、血糖をうまくコントロールできなくなる低血糖症になっていることもあります。

低血糖症になってしまうと、神経過敏になる事や、イライラしやすく切れやすい子と、鬱や不眠など、様々なことを引き起こしてしまうことがあります。

そのため、砂糖の摂取量に、注意することだけでも、改善が見られる場合もあるのです。

WHO(世界保健機関)では、大人の場合、1日25g以下(小さじ8杯程度)、12~17歳の男子の場合、1日30~35g以下がいいと推奨されているようです。

1日のエネルギー摂取量の5%未満が推奨される摂取量になります。

他にも、インスタント食品やジャンクフードの取りすぎによって、ビタミンB群(特にB1)の不足してしまうこともイライラしやすくするものとなっています。

カルシウム不足もイライラしやすくなると、よく言われていますよね。

このカルシウムを奪ってしまうのも砂糖になるのです。

砂糖の摂りすぎによって、深刻なカルシウム不足を招いてしまうことだってあるのですから、注意が必要なこととなります。

子供の場合、マグネシウム不足により、イライラしやすくなっていることもあります。

子供に必要なマグネシウム摂取量は、体重1kgにつき、1日10mgのマグネシウムを2~3回に分けて摂取することが重要とされています。

20kgの子供でしたら、1日に200mgのマグネシウムが必要となりますね。

たとえばマグネシウム200mgですと、大豆60gが必要量になってきます。

発達障害の人は、食べてはいけないものもありますので、食べられるものと控えるべきものに注意して、バランスよく食事に取り入れることにより、イライラすることも改善できる可能性があります。

→子供が空気が読めないのは病気や発達障害?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事