ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の二次障害!不登校問題が起こった場合の対処法は?

   

スポンサーリンク

発達障害をもつ子供は、不登校になりやすい傾向にあります。

発達障害をもった子供が、不登校になってしまった時、どう対処したらいいのでしょうか。

adhd

学校に無理に行かせることはダメ

もし不登校になってしまっても、無理やり学校へ行かせようとするのは、悪化するだけなのでやめてあげてください。

子供の気持ちが落ち着くまで、待ってあげることが大切なこととなります。

落ち着いて話せるようになったら、不登校になった原因や理由を聞いてください。

それを聞くときも、無理に聞くのはよくないので、話せるようになるまで待ってあげることも大事です。

無理に学校に連れて行くことや、無理に不登校の理由を聞くことは、ストレスを与えることになってしまい、うつ病などが悪化してしまう原因となりかねませんので、注意が必要です。

不登校になってしまう原因も、発達障害をもっているために、コミュニケーションがうまく取れずに周りの友達となじめないことや、勉強ができなくて学校に行きたくなくなっていることなど、人それぞれ理由があります。

スポンサーリンク

→発達障害の人の結婚!知っておきたい要注意なポイント!

不登校の原因によって対応が違う

学校に行きたくなくなり、不登校になった理由がわかれば、対処の仕方もわかってきますよね。

発達障害をもっているために、勉強がわからなく嫌いになってしまい、授業についていけないから嫌いといったことなどの場合、勉強のやり方がわからなく嫌いになっていることもありますよね。

勉強が問題でしたら、落ち着くまで家庭で勉強の仕方を変えて、勉強していくことで改善が見込めるかもしれません。

この時も、無理に勉強させるとかえって悪化させてしまうこともありますので、注意が必要です。

他にも、コミュニケーションをとるのが苦手で友達となじめなく、不登校になってしまっているのなら、家庭でコミュニケーションの取り方のトレーニングをしたり、療育を受け周りの子とのコミュニケーションの取り方を学んだりすることで、改善できます。

発達障害が原因となり、いじめを受けてしまって不登校になってしまった場合、無理に学校に行かせようとせずに、学校側にも協力してもらうことや、学業が遅れないように、家で勉強すること、高校生なら通信制の学校に転校することも視野に入れてもいいですね。

また、通学路や学校になにか不快なものがあって不登校になってしまう子もいるようです。

その場合も、環境を変えることや、通学路を変えること、他の学校や通信制を利用することで改善が見込めます。

中には、原因は特になかったり、わからなかったりだけど、学校に行きたくないという場合もあるようです。

いずれにせよ、無理に学校に行かせようとするのではなく、本人の気持ちが落ち着くのを待ってあげることはとても大切なこととなります。

不登校になってしまったことにストレスを感じてしまう子供もいますので、うつ病などの精神病の悪化にも注意が必要になってきます。

→4歳で空気が読めない場合は発達障害と判断すべき?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事