ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ビルゲイツの病気!発達障害について

   

スポンサーリンク

歴史上最高峰の資産家のビルゲイツさん。

世界で有名な、マイクロソフト社の共同商業者であり、Windowsの開発者でもあり、会長兼顧問という肩書を持っています。

そんなビルゲイツさんは、発達障害の疑いがあります。

pc

ビルゲイツは有名な実業家

Windowsは、世界中のパソコンのOSとして使われていますよね。

Windows以外にも、MS-DOSなども開発されています。

ビルゲイツさんは、プログラマーとして有名ですが、それ以外にも実業家であり、作家や教育者などもされています。

10年以上継続しての、世界長者番付1位と莫大な資産家でもあり、現在も記録更新中というのです。

そんなビルゲイツさんは、発達障害ではないのかと噂が多いです。

ビルゲイツさんが、発達障害ではないのかと疑われる理由にはいくつかの行動があります。

1つの事に、長時間のめりこんでしまうことや、興味のある事になら雄弁をふるうが、それ以外の事になると会話が成り立たなくなってしまうこと。

じっとしていることができずに、常に体を揺り動かしている癖もあります。

他にも、1本調子で話すことや、声のトーンが変わらないなどの話し方にも特徴があります。

じっとしていられず、体を常に動かしていることなどは、ADHDなどの衝動性からくることの可能性もあります。

ADHDでなくても、アスペルガー症候群の人に多い、チック症状からくるものなのかもしれません。

子供のころには、なかなか破天荒でやんちゃだったようで、骨折後完治していないのに、ウォータースキーをしたこともあれば、階段の手すりを滑り降りて遊んでいたこともあるそうです。

男の子なので、ただ好奇心旺盛な子供だったのか、発達障害の多動性や衝動性によってやんちゃな子供だったのかはわかりません。

興味あることしか会話にならないということも、発達障害のコミュニケーションが苦手ということから来ているのでしょうか。

スポンサーリンク

→宮崎哲弥さんのケース!アスペルガー症候群のエピソード

ビルゲイツは天才児と呼ばれていた

ビルゲイツさんは、子供のころからIQが高く160ぐらいあったとも言われています。

天才児と呼ばれていたそうですよ。

そのことから、ビルゲイツさんは、発達障害ではなく、ギフテッドとよばれる天才児だったのではないのかな、と思いました。

ギフテッドは、障害や病気ではなく、「神様が選んだ特別な優秀児」という意味になります。
日本では、ギフテッドということに否定的な部分も多いのですが、海外では優秀な子として育てる機関があるほどなのです。

ギフテッドは、IQの高さだけで測れるものではないのですが、IQが高いがゆえに周りの人から見ると、変わった人にも見られることもあります。

発達障害としての症状なのか、ギフテッドだから人とは考え方や物事のとらえ方が違ってしまっているのか。

ビルゲイツさん自身が、発達障害であることを公表しているわけではなく、発達障害の症状みたいな行動をとることが多いので、周りが噂をしているだけなのです。

また、ギフテッドと発達障害を併せ持つ「2E(二重に例外的な)」とよばれるものなのかもしれません。

本人が診断を受けていないので、あくまでも噂や予想に過ぎないものになります。

発達障害やギフテッド、ただの性格や個性なのかは、専門医に診断してもらわない限り、判断することができないのです。

→勝間和代さんのケース!アスペルガー・発達障害のエピソード

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事