ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害は寝ない、眠りが浅い?

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている人は、眠りが浅かったり、あまり眠れなかったりなどといった睡眠障害をもっている人も多いようです。

どうして睡眠障害をもっている人が多いのでしょうか。

adhd

眠れない・・・睡眠障害とは

睡眠障害って聞くと、不眠症が頭に浮かぶ人が多いかと思われます。

不眠症以外にも、色々な症状があり、夜中に寝ぼけて起きることや、寝つきが悪い、眠りが浅い、日中の異常な眠気などの症状もあります。

他にも、寝ていたと思ったら、起きて急に叫びだすといった行動をとる人もいます。

発達障害の中でも、自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害をもっている人が、睡眠障害をもっている人が多いようです。

子供の時にも、寝つきが悪くてなかなか寝ないなどが多いようですね。

音や光、温度などのちょっとした刺激で起きてしまう子も多いのです。

発達障害で睡眠障害をもっている場合、小さい子供のうちに、症状がみられることが多いです。

睡眠サイクルが安定していないためにみられる場合もあり、成長とともに症状が和らいでいくこともあるのです。

発達障害をもっている=睡眠障害になる、というわけではなく、発達障害の人でも睡眠障害をもっていない人もいます。

必ずしも、睡眠障害になるというわけではありません。

スポンサーリンク

→発達障害の二次障害!統合失調症・解離性障害・うつが併発した際の治療法

発達障害の人が睡眠障害になる原因とは

発達障害の子は睡眠障害をもっている人も少なくありません。

自閉症などの広汎性発達障害の人は、睡眠を誘導してくれるメラトニンという成分が多かったり少なかったりで、睡眠障害につながっている場合があります。

興奮を抑えてくれるもので、セロトリンという成分があるのですが、それを作る必須アミノ酸などが過多・過小しているために睡眠障害になっていることもあります。

また、わずかに漏れている光・ドアの開け閉めの音などちょっとしたことに敏感な人もいて、それによって起きてしまう人もいます。

発達障害をもっている人の場合、不安になりやすかったり、神経質になりやすかったりもあります。

子どもですと、それによって寝ていたのに急に泣き出して起きたり、無意識のうちに動き回ってしまったりしてしまうこともあります。

大人でも、不安などから、悪夢をよく見るなどで眠りが浅くなり、起きてしまうこともあるのです。

睡眠障害をもってしまった時は、できるだけ規則正しい生活リズムと安眠できる環境をととのえるようにしましょう。

光が気になって起きてしまうようなら、部屋を暗くすることや遮光カーテンをつけることで改善ができるかもしれませんね。

音に敏感なことで、眠れなくなってしまうようなら、家族も協力して、寝る時間にはテレビの音や話し声などをなるべくなくしてあげるようにするといいです。

寝る時間と起きる時間を習慣づけることも大切です。

行動療法など、いろいろ方法を試してみても、睡眠障害の改善がみられなかった場合は、薬の服用で改善できる場合があります。

薬の服用での方法は、副作用を伴ってしまうこともありますので、できるだけ行動療法やいろいろな工夫をして改善できるのが1番望ましいですよね。

→発達障害のイライラを抑える方法!食べ物や飲み物で改善できる?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事