ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の療育の内容や費用!

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている子供は、療育に通うなどして訓練を始める子が多くいます。

療育は、障害者手帳を発行されていなくても、診断されていなくても受けることが可能です。

療育ではどんな内容のことをするのでしょうか。

adhd

発達障害の療育内容はそれぞれ違う

療育の内容は、その子にあった療育になりますので、症状によって違う部分もあります。

身の回りのことができるようになるなどの自立に向けての支援や訓練や、作業療法・言語聴覚療法・理学療法など、様々な訓練があります。

自分の気持ちを、絵カードなどで表現していくなど、コミュニケーションの取り方も学ぶことができますので、同い年の子供との溝をなくすようにすることにもつながります。

集団での療育や、個別の療育がありますので、集団での療育で、コミュニケーションを学び、個別療育で、その子ができないことや苦手なことをできるようにトレーニングしていくことができます。

また、家族に対しても、発達障害をもつ子への対応の仕方や育て方を学ぶことができます。

子供が育てにくく、ストレスを抱えてしまうことも多いかもしれません。

療育を受ける施設には、似た環境などの仲間がたくさんいますので、同じような仲間と話すことによって、心が軽くなる人もいるようです。

療育は、発達障害だと診断されていなくても、受けることが可能になり、グレーゾーンと言われる子でも療育を受けることが可能です。

自治体や施設によっては、障害者手帳が絶対必要というわけでもありませんので、子供の将来のため、親子関係を良好にしていくためにも、療育を早期開始できることが好ましいといえます。

スポンサーリンク

→発達障害の二次障害!統合失調症・解離性障害・うつが併発した際の治療法

発達障害の療育にかかる費用は?

療育を受ける施設もいろいろあり、それぞれ費用は異なってきます。

病院などの医療機関での療育は、保険適用でしたら子供医療などが使えますよね。

自治体によりますが無料であるか、数百円ほどの費用になります。

福祉系の療育施設になりますと、所得に応じて費用が異なるようですので、その場合、その施設に費用を問い合わせてみてください。

他にも発達障害者向けの療育期間はいろいろありますが、療育支援をしている団体などにもよって、費用は大きく異なります。

1回数百円のところもあれば、1回10,000円ぐらいなどと、費用は様々になります。

療育の通信講座などもあり、月額での費用での物など、いろいろありますよ。

1か所だけに通う人もいれば、数か所通う人もいるなど、交通費をかけ、遠いところまで療育にいる人もいるようです。

療育を受ける施設を選ぶのに迷ったら支援センターで相談してみるといいですね。

発達障害の疑いがありましたら、療育手帳の発行はなくても、療育を受けることは可能です。

お子様はもちろん、親も一緒に療育を受けて、子供への対応なども学び、子供の将来の生きづらさを少しでも少なくしてあげてくださいね。

早目に療育を受けることによって、きっと将来役立てることができますよ。

→アスペルガー症候群の治療で効果的な薬はある?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事