ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

スーザン・ボイルさんのアスペルガー症候群について

      2016/09/21

スポンサーリンク

イギリスのオーディション番組で、鮮烈なデビューをし、有名になったスーザン・ボイルさん。

スコットランド出身の彼女は、「奇跡の歌姫」とよばれました。

そんな彼女ですが、発達障害をもっていることを公表しました。

susanboyle

スーザン・ボイルは子供のころいじめられていた

奇跡の歌姫スーザン・ボイルさんは、アスペルガー症候群の診断を受けていることを公表しています。

子供時代には、周りの友達とは違う行動が目立ち、いじめられていたようです。

「おバカなスージー」や「単純なスージー」といわれて、からかわれることも多かったみたいですね。

分娩時に、酸素不足になってしまったために、脳に障害をもってしまったといわれてきていたようです。

スーザン・ボイルさんが子供のころは、アスペルガー症候群の症状など認知されていないころになります。

スーザン・ボイルさんが、アスペルガー症候群と診断されたのは、大人になってからになるのです。

診断される前は、発達障害ということを理解されていないこともあるので、余計に、周りの人と見比べられてしまったのかもしれません。

オーディション番組に出演する前後に診断されるまでは、自分の行動がアスペルガー症候群による症状ということもわからずに過ごしてきています。

それまでは、脳に損傷があるというレッテルをはられていたことが、原因がわかって安心されたようです。

スポンサーリンク

→アインシュタインのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スーザン・ボイルは対人関係に苦労してきた

スーザン・ボイルさんが、アスペルガー症候群だと分かったのが、大人になってからになります。

2012年に診断を受けていますので、最近の事と言っても過言ではないですよね。

それまでは、自分の取っている行動に原因があったことを知らずに過ごしてきたスーザン・ボイルさん。

診断されたことは、さぞかし安心したことかと思われます。

スーザン・ボイルさんは、アイコンタクトが苦手なことや、周りの知らない人とうまくコミュニケーションをとることができずに、対人関を構築することに困難を抱えていました。

些細な言葉にも過剰に反応してしまうことが、多かったようです。

アスペルガー症候群の人は、否定的な言葉に敏感なことが多く、ネガティブになりやすい傾向にもあります。

スーザン・ボイルさんは、大人になってから診断を受けたため、発達障害の症状として些細な言葉に過剰に反応していることは、今まで知らなかったわけですよね。

それで、悲嘆的になっていることも多かったと思います。

子供時代は、アスペルガー症候群の認知が薄かったのもあって、適切な対応がとられていなかったことでしょう。

大人になってからでも、診断されることによって、周りの人に適切な対応をしてもらうことや、サポートも受けられるようになりますよね。

大人になってからにはなってしまいましたが、診断を受けることによって、自分の行動への対処法も自分で探すことができたそうです。

もし、自分がアスペルガー症候群の可能性があるかもと思った時は、大人になってからでも診断を受けるのは遅くはないと思います。

→愛子さまのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事