ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの子は我慢や自己制御出来ない!効果的な予防対策法

   

スポンサーリンク

発達障害であるADHD(注意欠陥多動性障害)は、不注意、多動性、衝動性が特徴の障害となります。

ADHDの子供は、我慢することがなかなかできずに、自己制御が効かないことも多いです。

衝動性や多動性が強く症状に出ている場合に効果的な予防対策としては、どのようなことがあるのでしょうか。

adhd

ADHDは衝動性や多動性が強い

ADHDの人は、多動性や衝動性がある場合、我慢することや、衝動を抑えることがなかなかできません。

落ち着きがないこともそうですが、こうしたいと思った時に、我慢できずに衝動的に動いてしまいます。

子供のうちは、ADHDなどの発達障害をもっていなくても、多少なりとも普通の子供も多動や衝動的に動くことはありますよね。

ADHDの子供も、多動性や衝動性は成長とともに少なくなってくるケースも多いです。

ADHDは先天性の障害となり、生まれつきのものになります。

また、衝動性や多動性を確実に出なくさせるための予防策ははっきりしていません。

成長とともに、適応能力が高まっていくことが多いので、それまでの期間は、悪化しないように治療やサポートしていくことが大切となります。

スポンサーリンク

→自閉症スペクトラム障害はADHDと併発する?症状や対応について

ADHDは薬物療法と心理療法

ADHDは完治することはできないのですが、症状を和らげることはできます。

薬物療法で、症状を抑えられることもあります。

中枢神経刺激薬や、非中枢神経刺激薬を服用し、症状を緩和させることが可能になるのですが、脳内神経物質の量をコントロールさせる薬となるため、副作用が強く出ることもあります。

薬での治療は、完治させるものではなく、症状を一時的に緩和させるものになりますので、併せて心理療法を用いることが大切になります。

薬物治療と並行して行われることも多く、薬物治療でのリスクのことを考えたら薬の服用はしないという人もいます。

しかし、個人差もありますが薬で症状を抑えることは、効果的なものでもあるのです。

一時的に抑えるだけにもなるので、薬がきれたらまた、症状が出てきてしまうのですが、薬が効いている間は、衝動性や多動性をおさえることができる可能性が高くあります。

薬物治療に不安がある方は、医師と相談して、心理療法だけでも進めていくこともあります。

心理療法は薬物治療とはちがい、副作用がでませんので、幅広く取り入れなれています。

症状には個人差があり、人それぞれ困っている症状や対応の仕方なども違います。

心理療法では、その子にあった対応をするために、その子の症状にあったプランを立てて治療していくことになります。

ADHDをもっている子供の場合、成長とともに多動性と衝動性の症状が減っていくこともありますので、ADHDを治そうとするのではなく、多動や衝動もその子の個性として受け止めることで、その子供のその子らしさを伸ばすことにもつながる場合もあるのです。

無理に予防することを考えるよりも、その子がのびのびと生活でき、生きづらくない環境を作ってあげることが1番大切なことなのかもしれませんね。

→ADHDが孤独感・劣等感・疎外感が強い原因!不安感を解消する方法

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事