ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDが原因でニートや引きこもりに!社会復帰するためにやるべき第1歩は?

   

スポンサーリンク

ADHDをもっている人は、普通の人と比べ、日常生活や社会生活、学校生活の中でも、困難なことが多く、生きづらさを感じている人が多くいます。

ADHDの人は、コミュニケーションが苦手なことや、ミスが多いことなどからも、社会生活のなかでも、仕事の面でうまくいかないことも多くあります。

そのため、引きこもりやニートになってしまう人も少なくありません。

adhd

ADHDの特徴が原因でニートや引きこもりに

ADHDの特徴でもある不注意が強く出ている場合、仕事上で注意していてもミスが多くなってしまうことがあります。

発達障害に理解のある会社でしたらいいのですが、実際のところ、働くところが毎回発達障害について理解してくれて、適切な対応をしてくれるとも限りませんよね。

ミスが多いことや、何度言っても同じミスを繰り返してしまうことで、上司から叱られてしまうことや、仕事をさせなくなるといったことも少なくはありません。

不注意からくる行動には、時間を守れずに遅刻してしまうことや、仕事の期限を守れないといったこともあるようですね。

仕事する環境によっては、自分の仕事に集中して続けることもできなくなってしまうこともあります。

また、不注意行動が少ない人でも、コミュニケーションが苦手なことで、周りの同僚や上司などとうまくコミュニケーションが取れずに、孤立してしまうこともあります。

仕事上必要な情報は教えてくれても、特別休暇など優位な情報を回してくれなくなった時は、孤立している可能性も高いですよ。

仕事ができないという劣等感や、コミュニケーションがうまくできないといったストレスから、会社に行きたくなくなってしまい、引きこもりやニートになってしまうのです。

スポンサーリンク

→発達障害の小中高校でみられる不登校の対応と支援

ニートや引きこもりから社会復帰するためには

引きこもりになってしまった時は、落ち着くまで無理をしないことも大切です。

無理して仕事にいかせたり、行こうとしたりすると、かえってストレスがたまってしまい、症状が悪化してしまうことや、ますます引きこもってしまうこともあります。

落ち着いてきたら、会社に行きたくない原因や理由を把握することが大切になります。

その原因を、改善できるように工夫することや努力することが必要なのですが、1人で考えてもわからない場合は、医師やカウンセラー、発達障害の事を理解してくれる第3者の相談相手見つけ、相談してみてください。

仕事の内容によって、仕事ができないと思ってしまうものなどもありますので、マルチタスクスキルをあまり必要としない仕事への転職を考えることもオススメです。

初めから正社員として頑張ろうとするのではなく、アルバイトなどから始め、自分にあっているのか確認しながら働きだしてもいいですよね。

就職や自律に関しての支援サービスなどもありますので、利用してみるといいですよ。

ストレスをためすぎないようにすることはとても大切になりますので、無理をしないようにしてくださいね。

→発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事