ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDが原因で仕事がクビに!?どのような対処をするとクビにならない?

   

スポンサーリンク

ADHDが原因で、仕事がクビになってしまうことは、残念ながらあるようです。

クビになってしまわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

adhd

ADHDの特性であることを伝えていない

ADHDの特徴でもある「不注意」の症状は、ADHDであることを説明していなかったり、伝えていなかったりした場合、残念ながら仕事が機微になってしまう理由にもつながってしまいます。

不注意の症状で、ミスが多いことや、何度言っても同じミスをしてしまうこと、仕事の期限を守れないこともあります。

ADHDであることを理解されていない場合、仕事ができないととられてしまい、仕事を辞めさせられてしまうのです。

ADHDであることを周知のものにしていた場合でも、決定事項ということでクビにされてしまうこともあるようです。

仕事のミスが多いことが、ADHDの特性と知らないことや、職場の環境や決まり、仕事内容によっては、辞めさせられてしまうことも少なくありません。

正社員ではなく、アルバイトやパートの場合は、正社員に比べクビにされやすいようですね。

スポンサーリンク

→発達障害のグレーゾーンは仕事にどんな影響を及ぼす?

仕事でのクビを回避するには

できない仕事が多い部署や、マルチタスク能力が必要とされる部署、ちょっとしたミスが大きなトラブルとなりかねない部署の場合は、部署移動を検討してみるように言ってみてください。

また、ADHDの特性だということをしらない場合には、説明することも必要です。

ADHDである事を知らせてなく、入社してしまった場合は、部署移動の検討や説明をしても、ADHDが原因で辞めさせられてしまうことがあります。

前もって告知していないがために、クビにされてしまうこともあるのです。

仕事をしていて、途中でADHDと診断された場合には、説明して自分ができる仕事のある部署への移動ができるかを確認してみてくださいね。

働いている会社が、ADHDなどの発達障害への理解がある会社ということも限りませんので、説明が必要になることも少なくはありません。

会社が、発達障害について理解のないことや、適切な対応をとれない会社でしたら、転職するということも視野に入れることが必要な場合もあります。

できない仕事を続けることや、適切な対応がされない会社ですと、ストレスを抱え込む原因にもなり、二次障害としてのうつ病や総合失調症、ADHDの症状の悪化にもつながりかねませんので注意が必要です。

仕事で1番影響が出てしまうのが、ADHDの特徴の1つである「不注意」症状によるものが多いようです。

書類をなくしてしまうことや、期日を守れないこと、細かいミスが多いこと、何度注意しても同じミスをしてしまうなどのことが、仕事ができないと評価されてしまい、クビへとつながってしまいます。

仕事場の環境も大事ですが、自分でも期日を守れるように目のつく場所へメモを貼るなど、工夫や努力をしていくことも大切になります。

働く場所が、毎回理解ある会社とは限らず、部署移動や説明をしても、理解されず、仕事ができないという理由でクビにされることは、少なくはありませんので、就職する際に、前もってADHDであることを、周知のものにしておく必要もあるのです。

→発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事