ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

自閉症の原因!父親や母親が自閉症だと遺伝で自閉症になる?

   

スポンサーリンク

自閉症の原因として、以前は母親の愛情不足によるものや、育て方の問題とも言われてきました。

しかし、自閉症は、育て方などの後天性なものではなく、生まれつき脳に障害があるためにおこる先天性のものになります。

それでは、自閉症になる原因は何なのでしょうか。

jiheishou

自閉症の原因は遺伝性があるとも言われている

自閉症になる原因として、遺伝性があるといわれています。

母親や父親が自閉症であったときに、子供も自閉症になってしまうことがあるようです。

しかし、必ずしも遺伝するとは限らずに、両親が自閉症をもっていても、子供は自閉症をもっていないこともあります。

その逆もあり、両親は自閉症をもっていないのに、子供は自閉症だったということもあるのです。

遺伝性があるといわれている理由として、双子の子供の片方が自閉症であった時に、もう片方も自閉症である確率が、一卵性双生児の場合80~90%にもなることや、二卵性双生児の場合は10%と低くなり、片方が自閉症であっても、もう片方は自閉症でないことも多いということから、遺伝性があるといわれていますね。

でも、兄妹が自閉症でなくても自閉症の子が生まれることもありますし、自閉症の兄弟がいても次の子供は自閉症でない時もあり、必ずしも遺伝しているというわけではないのです。

また、身内に自閉症の人がいない場合に、子供が自閉症になる確率は、0.2%とも言われています。

スポンサーリンク

→自閉症スペクトラム障害は遺伝が原因?早期療養で治る?

父親が高齢だと自閉症のリスクも高くなる

身内に自閉症がいない場合でも、父親が高齢の場合や、妊娠中のウイルス感染などでも、自閉症の子供が生まれてくるとも言われています。

父親だけではなく、母親の高齢出産も原因になるとも言われています。

遺伝子情報の伝達ミスが起きているというようにも言われていて、母親や父親が高齢の場合、生殖機能の低下により伝達ミスがおきているとも言われているのです。

遺伝性に関しても、「この遺伝子が自閉症になる原因」と言われるまでははっきりしていなく、「この遺伝子が原因因子なのかもしれない?」というぐらいまでが、今わかっていることみたいですよ。

遺伝性があるけれど、遺伝しないこともあり、「遺伝する確率は0ではない」という事だけがはっきり言えることになっています。

両親が自閉症だった時に、子供が自閉症になることもあり、遺伝性じゃなく家族性でもあるのではないかとも言われているように、はっきりしたことはまだわかっていないことが多いのです。

また、喫煙やお酒、抗うつ薬なども、胎児に影響があるとも言われていますよね。

自閉症になるかもしれないという要因は、未だにはっきり解明していないため、普通でも体に影響があるものを控えることは大切なのかもしれません。

もし、母親と父親のどちらかが自閉症をもっていても、過度に心配しすぎないようにしてくださいね。

母親か父親のどちらかが自閉症で、子供に遺伝してしまうか不安があるようでしたら、かかりつけの医師やカウンセラーなどに相談してみてくださいね。

→自閉症の赤ちゃんの特徴!クレーン現象とはどんな症状?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 自閉症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事