ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

自閉症の治療薬や療育!本当に効果は現れる?

   

スポンサーリンク

自閉症の治療には、治療薬や療育が多く用いられます。

自閉症の治療薬や、療育を受けることによって効果は表れるのでしょうか。

jiheishou

自閉症に早期療育は効果的

療育(治癒教育)は、発達障害などの子供をもつ両親にとっては、ごく普通に使われている言葉にもなるほど、療育をうけられている方が多くいます。

療育では、その子に症状にあった指導やトレーニングをしていくことにより、症状の改善が高く見込めます。

効果のあらわれ方にも、個人差がありますので、必ず改善するとは言いきれない場合もありますが、改善の効果がみられることが多くあります。

療育で、言葉をわかるようにトレーニングしていきます。

自閉症などの、言葉の遅れがある場合にはとても効果的になりますよ。

自閉症の場合、耳で聞くよりも、目で見たほうが理解してくれる子が多いので、文字やイラスト、写真などを使い、正しい情報を理解させていきます。

社会生活で対応できるようにしていくので、将来のためにも必要なこととなっていきますね。

社会生活でも普通に生活できるように、日ごろからトレーニングもしていきます。

公共の場所でのマナーや、買い物の仕方など、社会生活の上で必要なことを、段階を追ってわかるまで丁寧に教えてくれます。

自身の身の回りの管理の意方なども教えてくれ、自分で服が着られない子でしたら、自分で服が着られるようにトレーニングしていきます。

集団でも学べますので、保育園や学校に入るようになった時の、集団生活に慣れさせるといったこともできるのです。

また、環境を整えてあげることは大切になり、自分の持ち物や他人の持ち物がわかるようにシールなどを貼って区別してあげることや、身の回りの物の絵カードなどを持たせてあげ、コミュニケーションが取れるようにしてあげることも大切となります。

普通の育児でも、環境を整えてあげることは大切にもなりますが、自閉症の子の場合は、さらに細かいところまで環境を整えてあげることが効果的になります。

療育も、日々の積み重ねになりますので、早期に開始することにより、より改善の効果が見込めるのです。

スポンサーリンク

→自閉症の子が他害を起こす時の対応や対処法!国での支援は行われている?

自閉症に治療薬での改善効果

自閉症の治療薬として使われるものには、脳機能の改善のために使われるものや、情緒不安定なときなどに使用する安定剤などの薬があります。

他にも、合併症の治療に対して、薬を使うことがあります。

薬の効果にも、個人差があり、脳機能の改善の薬もあまり効果がなく、副作用ばかりが出てしまうといったこともあり、リスクを伴いことも多くあります。

個人差がありますので、副作用がみられなく、改善の効果だけがあらわれるといったこともあります。

治療薬だけで治るわけでもありませんので、療育と合わせて、服薬していくことがいいですよ。

薬には、副作用を伴うものも多いですし、自閉症の治療薬としてよりか、自閉症の合併症などの治療薬ともなることが多いため、医師と相談のうえ、療育を受けていてもあまり効果がみられないと思った時の、最終手段として考えてもいいですよね。

→自閉症の子供を普通学級に入れるのは危険?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 自閉症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事