ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ゲス川谷絵音は発達障害なのか?顔・発言・行動から分析!

   

スポンサーリンク

活動を休止し、しばらく顔を見せなかった、川谷絵音。約5ヶ月ぶりに活動が再開されます。5月10日、アルバム「達磨林檎」が発売され、同日、復活ライブが開催される事になりました。不名誉な形で「時のひと」となった川谷絵音。ネットでは、発達障害の噂が、流れた事があります。

kawatanienon

二股事件で顰蹙!興味の対象が分散するのは音楽活動だけじゃなかった

川谷絵音が、世間の認知度を高めてしまったのは、二股事件でした。大きな騒動となり、川谷絵音の過去の顔が、取りざたされました。

関係者の証言から明らかになったのは、常に複数のものを、同時に追い求める生き方でした。音楽活動では、川谷絵音は、作詞と作曲を、常に手掛けてきました。

いずれかに偏る事なく、その両方を担当するのが、川谷絵音でした。音楽関係者は、そんな川谷絵音の事を、「好奇心が旺盛で、興味の対象が分散する傾向も多々ある」と話しています。

スポンサーリンク

→滝沢カレンの日本語はワザと?言語障害はアスペルガーと関係している?

衝動に忠実!言いたい事は口から出ちゃう

川谷絵音にとって、騒動が続いた2016年。騒動の谷間で、川谷絵音は、爆弾発言をしています。ライブでの発言です。「ネットとかでみんな謝れって言うけど、世間の誰に謝ればいいの?正直内輪での話だから、みんな関係ないじゃん。」ライブに行ったファンの書き込みによって、問題の発言は、広く知られてしまう事になりました。悪気なしに、ポロリと言った言葉ですが、ネットには、「本人が言ったら、まずいでしょ」という声が、溢れました。

この発言の前に、川谷絵音は、「こんなこと言うと、多分叩かれるけど」とも言っています。予想はついても、言いたい事は、ついつい口から出てしまう。川谷絵音の事を、「衝動に忠実な人」と評する関係者もいます。

→イチロー選手のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

衝動性を抑えられないのは発達障害?20代で止まってしまったような顔つきに疑い

音楽活動でプラスに働く衝動性。しかし、問題を起こした時に、衝動性は、負の連鎖を生む事になります。川谷絵音は、「ほら、俺、失言とかめっちゃしちゃうからさ 笑 多分今日のことも、めっちゃ書かれると思うんだけど、なんかもう何言われてもいいかなって」とも、語っています。活動休止に追い込まれたのは、それから間もなくのことです。

衝動性に振り回されるのは、発達障害の人に見られる生き方です。自制したくても、自制できない。それが、発達障害です。発達障害の人は、一体に顔つきが幼いと言われます。

20代で止まってしまったような、不思議な雰囲気を漂わせる顔をしていると、言われる事があります。年齢相応の深みが現れていない川谷絵音の顔つきに、発達障害の噂が、信ぴょう性を帯びてきます。

→藤井聡太プロ!アスペルガーや発達障害と将棋のセンスの関係性!

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事