ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDとドーパミンの関係性!改善するポイントはドーパミン!

   

スポンサーリンク

発達障害のADHDの人は、ドーパミンとセロトニンが不足している可能性があるとされています。

ドーパミンとセロトニンは、どのように関係しているのでしょうか。

adhd

脳内物質との関係性は?

ドーパミンは、快楽物質と言われていますよね。

褒められたり、感心したり、感謝されたりなどでもドーパミンが出るのですが、ADHDの子は褒められることより叱られるほうが多いですよね。

ドーパミンは前頭葉の働きを活性化させる脳内物質でもあるので、ドーパミンが不足することにより、物事を論理的に考えることや、順序だてて考えることを鈍らせてしまうのです。

前頭葉の働きを正常にすることによって、次の行動にもうつりやすくなり、快楽物質であるドーパミンが十分にでていることで、自己肯定することが減り成績向上などにもつながります。

依存傾向にあるADHDの人は、ドーパミンの不足を補うために依存してしまうのかもしれませんね。

また、そのドーパミンの働きを助けるのがセロトニンになるのです。

セロトニンが増えると、ドーパミンを適正な量に保つことができますので、前頭葉の働きも活性化されやすくなります。

セロトニンは、二次障害のうつ病の発生にもかかわっております。

うつ病の原因となる、ノルアドレナリンの不足を助ける役割をしているのもセロトニンになるのです。

スポンサーリンク

→ADHDの人の就職相談!デザイナーや起業家になるべきなのか?

治療薬にも使われている

ADHDの治療薬として使われている、コンサータやストラテラは、ドーパミンを増やすという特徴を持っています。

ドーパミンを増やし前頭葉を活性させることが、ADHDの改善につながっているということは明白ですよね。

薬物治療に不安のある方も、ドーパミンの発生を増やしてあげることによって改善の可能性がありますよね。

ADHDの人は他のことに興味が移り変わりやすいので、褒めるときや、ご褒美をあげるときなども適切に対応してあげることで、ドーパミンを放出させるきっかけを作ることができます。

多少大げさでも、褒めてあげることによってドーパミンを出してあげる手助けをして、自己肯定を少なくしてあげることで、二次障害の精神障害なども減らすことができます。

誰だって叱られるより褒められる方が嬉しいですよね。

ADHDの子も同じなのです。

叱られることより、褒められることが多いように対応してあげることによって、症状の改善もみられるので、苦手なことや出来ないことを叱るよりも、得意なことや出来ることに対してほめてあげてください。

リスクのある薬物治療をしなくても、褒めてあげるなどをすることで、自信喪失も減り、症状の改善にもつながります。

コンサータやストラテラは、副作用もありますが、脳に直接・間接的に作用し、ドーパミンを増やしてくれるので、改善の効果は高いですが、副作用などで迷われている場合でしたら

対応の仕方を工夫してあげるだけで症状の改善があらわれる場合もあるので、ドーパミンを出す手助けをしてあげ頑張ってくださいね。

→子供・幼児のADHDチェックリスト!いくつ以上でADHDなのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Comment

  1. まちこ より:

    自己肯定
    の使い方、文中で間違えていませんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事