ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHD不注意型と診断!治療対策は服薬のみ?効果的な対応策は?

   

スポンサーリンク

ADHDの不注意型と診断された場合、どういった治療をすればいいのでしょうか。

集中力が持続できない不注意優勢型。

症状改善に効果的な治療方法が知りたいですよね。

adhd

ADHDの治療方法はいくつかある。

不注意優勢型は、うっかりしたミスや物忘れが多いことが多いですよね。

何度言われても同じ些細なミスをしてしまうことが多いのが特徴の不注意型。

不注意優勢型は、対応や治療をしっかりすることで改善のみこみが多くあります。

治療方法には、心理社会的治療と薬物治療があります。

治療薬には、改善の効果は高いのですがリスクも伴いますので、心理社会的治療のみを選ばれる方もいますし、薬物治療をしながらほかの治療法を選ばれる方もいます。

心理社会的治療には、適正な行動をとれるように指導したり、周りの環境を整えるようにしたりと薬を使わない方法での治療方法になります。

それ以外にも食べ物やサプリで症状の改善をするという方法もあります。

治療薬は、原因に対して完全に治療するというわけではなく、症状を改善するための薬になります。

副作用が心配な方は、同じ効果を持つ食べ物やサプリメントで改善を目指している方も多くいます。

治療方針を選ぶのは、自由なのです。

治療薬だと脳に直接的や間接的に作用するため効果の期待度は高いですが、副作用というリスクも伴います。

スポンサーリンク

▶︎ADHDの市販薬はあるのか?コンサータやエビリファイの効果や効能は?

効果的に改善させるには?

治療薬の効果でドーパミンの発生を促します。

同じように治療薬に頼らなくても、ドーパミンを増やすのに有効な食べ物、サプリメントも効果的ですよね。

ドーパミンを適正量に保つ作用のあるセロトニンを作るために必要な成分を含んだ食べ物も症状改善に効果があるといえます。

また、食べ物によっては、逆にADHDの症状を悪化させてしまう食べ物もあるので、それらの食べ物をとるのを控えることも悪化防止となります。

治療薬を服用される方でしたら、治療薬の服用とともに食生活の改善も同時に行えば、効果がより期待できますよね。

根治させる薬はないので、症状の改善に効果がある治療となりますので、治療薬だけに頼っていても改善できる方もいれば、改善にさほど効果がない方もいます。

薬物療法をしているけど、効果が期待できない場合他の治療方法も試してみてください。

また、薬物治療以外の方法で治療しているけど、改善の効果が見られないといった場合、薬物治療を試してみるのもいいですよね。

副作用などの症状の具合を見ながら、医師と相談して治療を進めてくださいね。

他にも、対応の仕方を変えるだけでも症状が少し改善する場合もありますので、ADHDの人に対しての対応も適切な対応にしてあげるようにしてください。

不注意優先型には、ドーパミンをうまく出させてあげることによって、不注意症状の改善に期待が持てますので、褒めてあげることも大事ですよね。

ドーパミン不足を、その人にあった治療の仕方で改善してあげ、症状の改善を目指してください。

▶︎ADHDの薬!子供へのストラテラの効果と副作用!注意したいデメリットは?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事