ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDは物忘れが酷いのが悩み!アルツハイマーとの関係性について!

   

スポンサーリンク

ADHDは注意力がないために、物忘れ酷い場合も多いですよね。

不注意型の症状が強い人だと、特に症状としてあらわれていますよね。

物忘れがひどいといえば、アルツハイマーもそうですが、なにか関係しているのでしょうか?

adhd

物忘れがひどい原因

不注意の特徴があるADHDなので、症状として物忘れがひどい人も多いですよね。

不注意が強く出ている人だと、特に症状として出ているかと思います。

不注意の症状として、他にもうっかりしたミスなども多いですが、ADHDの場合、決して甘えているからとか怠けているとかではありません。

脳の神経機能に障害があるため、症状として物忘れなどがあらわれてしまっているのです。

治療することによって、改善は可能ですが、治療の効果があらわれて物忘れをほぼしなくなる人もいれば、物忘れがひどいままの人もいます。

物忘れがひどく、仕事などの期限なども忘れてしまい、周りの人に迷惑がかかってしまう場合もありますよね。

ADHDの症状なので、わざとしているわけでもなく、普通の人と同じようにうまく対応できないだけなのです。

ADHDの人は、適切な対応や工夫などによって、症状が改善されることは多くあります。

物忘れやうっかりミスなどしないように、工夫して頑張っている人も多いので、なかなか治らなくても温かい目で見守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

→ADHDの人は感情的でコントールが不可能!一生治らないの?

アルツハイマーとの関係性

物忘れが激しいという症状に、アルツハイマーもありますよね。

アルツハイマーは、年を取った人以外にも若年性アルツハイマーが64歳以下ではじまる場合もあります。

アルツハイマーの原因として、脳の神経細胞が減少することなどで症状があらわれはじめます。

物忘れやいつもしている作業の手順などを忘れてしまうという症状は、ADHDの不注意からくる症状と似ている部分がありますよね。

しかし、ADHDの人はきっかけがあれば思い出せるのに対し、アルツハイマーの人の場合は、きっかけやヒントがあっても思い出せないようになるのです。

物忘れや手順を忘れるという言葉だけで見てしまうと、似ていると思ってしまいますよね。

同じ症状のようにも見えますが、原因も現れる症状も別のものだと分かります。

ADHDの人でも、年を取ってからアルツハイマーにもなる場合もあります。

元から不注意症状が多く、改善があまりできていない場合、どちらが原因として症状に出ているのか分からないぐらいの時もあるようです。

ADHDの人がアルツハイマーになった時は、判断にも時間がかかることも多いようなのです。

物忘れなどの症状もアルツハイマーで悪化されて、アルツハイマーからくるものなのか、ただADHDの症状が悪化しただけなのか区別が付きづらい時もあるようです。

ADHDとアルツハイマーは別のものになりますので、ADHDの症状で「アルツハイマーなんじゃないか?」という偏見をもつ人も多いようですが、別の障害という認識をもって対応してくださいね。

ADHDの不注意の症状からくる物忘れは、治療や工夫次第で改善も可能ですので頑張ってください。

→ADHDはサプリで改善されるのか?副作用の心配は?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事