ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

てんかん発作とは何?知っておきたい体への影響と対策

   

スポンサーリンク

てんかん発作とは、どうしておこるのでしょうか。

また、発作が体に与える影響などはあるのでしょうか。

tenkan

てんかん発作とは?

てんかんという病気は、てんかん発作を繰り返す病気の総称になります。

てんかん発作は、原因となる脳の部位により、症状や治療法などもさまざまあり、完治するかどうかもさまざまになっています。

てんかん発作が出てしまう原因として、痙攣をおこしやすい体質の人もいれば、脳の病気、脳の奇形、脳の損傷など要因としていろいろあります。

発作がおきやすい時間帯が決まっている人もいれば、突然発作を起こす人もいます。

睡眠時のみにてんかん発作があらわれる人もいるのですよ。

脳にも微弱な電流が流れていて、脳の神経細胞が働いています。

てんかんの人の場合、その微弱な電流にいじょうが出て、発作としてあらわれるのです。

電化製品のように、ショートした状態を想像してみると分かりやすいかもしれませんね。

てんかん発作とは、ショートした状態で起きる症状になるのです。

原因も症状もさまざまありますので、脳波のモニタリングやMRI・CTなどの画像検査をして、原因部位がわかります。

発作の起きている時間としては、数秒から数分の物も多く、5分以上続いている場合などは重積発作がおこっている場合もあり、脳へ悪影響を与えてしまう可能性があるため、病院で発作を抑える薬などを使用してもらうなどして、脳の異常状態を止める必要もあります。

スポンサーリンク

→薬の飲み忘れが原因でてんかん発作は突然起こる?

発作が与える影響

てんかんを持っているから、頭が悪くなる、脳の働きが悪くなってしまうなど心配をする方もいられます。

てんかんになったからと言って、必ず脳の働きが悪くなる、頭が悪くなるということはないです。

元から脳に異常があって、てんかん発作を起こす人もいれば、小児期に一時的にてんかん発作が起こるものなどもあり、要因となることも多く、発作を引き起こす原因にもいろいろあり、てんかん発作としてあらわれる症状もさまざまです。

てんかん発作がある場合、てんかん発作が脳に与える影響、発作を抑えるために飲んでいる薬が与える脳への影響、てんかん発作のために、充分な教育や日常生活を送れなかったなどの影響が考えられますね。

てんかん発作には、原因となる脳の部位により様々な症状があり、意識を失うものもあれば、意識はあり痙攣だけがあるというものまでたくさんあります。

大きな発作が多いほど、脳へ与える影響も大きくなりますよね。

長時間発作が起こっている場合なども、脳への悪影響の危険がありますので、てんかん発作を何度か起こしている場合、病院で診察し、適切な治療を受けることは大事なことになります。

原因や症状にもよりますが、完治する人もいれば、軽くなる程度の人もいます。

小児期にてんかん発作を発症した場合は、きちんと治療することによって、70~80%の人は完治させることが可能とも言われています。

思春期以降にてんかん発作を発症した場合、抗てんかん薬の服用で、発作がおさまることも多いのですが、薬の服用をやめた後再発しやすい場合もあり、4~5日発作がみられないからと自己判断で薬を中断してしまうのはしないでください。

薬の服用を中止しても問題がないかどうかは、医師へ相談し判断されてからにしてくださいね。

→てんかんの前兆!注意すべき発作の症状には種類があった?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - てんかん

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事