ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

   

スポンサーリンク


ADDやADHDと診断された場合どんな治療方法になるのでしょうか。

改善に効果のある治療方法があるのなら、試してみたいですよね。

ADDやADHDには、いくつかの治療方法があり、薬物療法、食事療法、心理療法、インタラクティブメトロノームが、一般的に使われている改善方法になっています。

adhd

ADDやADHDは薬で治るの?

薬物療法って聞くと、「これで治る。」と思ってしまいますよね。

医者に出された薬はもちろんADDやADHDの症状に有効なのですが、「治す」というよりも、「一時的に抑える」といった認識をしたほうがいいです。

治療薬は、「中枢神経刺激薬」「非中枢神経刺激薬」の2種類にわけられ、集中力を高めたり、衝動性をコントロールさせたりの症状改善に期待ができます。

しかし、飲んだら必ず効くというわけではなく、治療薬の効果の現れ方には個人差があり、効果が非常に高くあらわれる人もいれば、少し助けになるぐらいで効果があまりない人もいるのです。

薬は万能ではないので、医師の指示に従って正しく飲む必要が重要ですよね。

正しくない方法で服用してしまうと、改善の効果が期待できなくなるだけではなく、副作用といったリスクも出てきてしまいます。

副作用として、食欲低下や不眠、頭痛や吐き気など体調に出てしまうものや、イライラしたり、精神的に不安定になったりと精神面にでたりと、個人差はありますが大きなリスクですよね。

なので、安易に薬物治療すればいいと決められるものではないのです。

効果がすごく期待できるか、期待できないかも個人差があるので、服用してみないと分かりませんが、子供だったらなおさら様子を見ながらの服用を検討したほうがいいですよね。

スポンサーリンク

→子供が病院でADDやADHDを診断するためのテストやチェクリスト!どんな事をするのか?

リスクの少ない治療方法は?

副作用の全くない治療方法もあります。

心理療法では、行動の善悪を教えて本人にとって良い行動がとれるように導いたり、改善指導などをしたりします。

副作用がないので、多くのADDやADHDの改善に取り入れられている方法になります。

食事療法は、ADDやADHDの治療の中で、1番簡単に始められる治療方法になります。

バランスの取れた食事をとり、砂糖を摂りすぎないというだけの方法です。

砂糖を摂りすぎないということが、重要になるのですよ。

砂糖は、代謝を行うときに体内のビタミン・ミネラルを使い果たしてしまうため、イライラや破壊的になりやすい原因とされています。

砂糖をひかえて原因を増やさないというシンプルな方法ですよね。

栄養バランスの偏った食事をとっているのも同じで、イライラしてしまったり、怒りやすかったりする傾向の改善へとつながります。

ADDやADHDは、その中でも6つのタイプがわかれているので、そのタイプに効果的な治療方法の選択するのもいいですよね。

ほとんどの薬物療法の代替えとして、同じような効果が期待できる成分を持つ食事や、サプリメントを用いることで、副作用がなく改善に期待できることができるのですよ。

子供に薬物治療での副作用というリスクを背負わせたくないという方には、食事療法が手軽にでき、改善の効果も期待できるのでオススメです。

→ADDやADHDは幼児に遺伝する?特徴は3歳頃から現れるのか?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADD, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事