ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

てんかんの子供は医療保険への加入は不可能?

   

スポンサーリンク

子供がてんかんを持っている場合、医療保険への加入はできないのでしょうか。

万が一の時に医療保険に入っておけると助かりますよね。

tenkan

必ずしも加入できないわけではない

万が一の時に、医療保険や生命保険に加入していればとても助かりますよね。

てんかんを持っていても加入できる医療保険もあるのですよ。

てんかんの発作の症状や服薬の状況、治療の状況によっては加入できる保険会社はあります。

がん保険などは、他の告知内容に問題がないようでしたら加入もできます。

医療保険、生命保険などは、おもちのてんかんの状況によって、加入できる場合とできない場合があります。

保険会社の判断基準により、加入できるかが決まりますので、審査してみないと加入できるか分からない場合も多いです。

また通常の保険以外にも、審査基準がゆるくなっている「引受基準緩和型保険」というものでしたら、通常の保険よりも保険料が高くはなってしまうのですが加入はしやすい保険になっているものもあります。

このタイプの保険でしたら、治療中や服薬中でも通常の保険と比べて比較的加入しやすい保険がいくつかあります。

保険によっては、加入から1年間は保証金額が半額になるなどの条件が付く場合もあります。

また、それよりも保険料が高くなっているものが多いが、無条件で加入できる保険に、「無選択型保険」というものもあり、告知が必要ないものになっています。

解約払戻金がない、「掛け捨てタイプ」とよばれる保険も、比較的加入しやすい保険になりますね。

スポンサーリンク

→てんかん発作でヤバい状況は短い間隔で連続で起こる事!

ケースバイケースが多い

保険会社によって診断基準が違うので、正直審査してみないと加入できるかどうかわからない保険も多いです。

引受基準緩和型保険や、無選択型保険は通常の保険と比べ、比較的加入しやすいのですが、治療内容や症状によっては、通常の保険でも加入できている方もいます。

てんかんを持っているから、保険に入れないということはありません。

また、子供のてんかんの場合、成長してからなおるものもありますので、告知内容の「5年以内に~」などの告知内容に当てはまらない場合加入できる保険も増えてきます。

完治してからでしたら加入できる保険も増えますし、完治していない時でも保険会社の審査基準次第では加入ができるのです。

今は、保険相談を無料でしてくれるところも多いので、てんかんを持っているから保険に入れないと思わずに、てんかんを持っていてもはいれる保険を探せば、加入できる保険が見つかるはずです。

自分でなかなか探すことができない場合など、無料の保険相談をやっているところに相談してみるのもいいですよね。

症状などによって、はいれる保険は限られる場合もありますが、はいれる保険の中で補償内容を比較してみることも大切なことになります。

てんかんでも加入できる保険はありますので、自分にあった保険を探してみてくださいね。

→急なてんかん発作の対処!間隔が短く症状が悪化したらどうする?

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - てんかん

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事