ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群の夫と離婚したい!アスペは理由にならない?

   

スポンサーリンク

夫がアスペルガー症候群で、ストレスが溜まってしまい離婚したいと考える女性も多くいます。

アスペルガー症候群だからという理由だけで、離婚することはできるのでしょうか。

adhd

アスペルガーの離婚は状況によって可能

配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない場合、離婚は可能なのですが、アスペルガー症候群の場合は、精神病ではなく発達障害になります。

その条件に当てはまるとしたら、結婚後に悪化してしまい、うつ病などの精神病にかかってしまって、一緒にいることが難しくなった場合に可能にはなるかと思われます。

基本的には、アスペルガー症候群だからという理由での離婚はできません。

離婚理由としては、あくまでの性格の不一致という形になります。

これは、婚姻を継続しがたい重大な理由の魚地の1つになりますね。

結婚後、二次障害としての精神病になり、重度で回復する見込みがみられない場合は、それを理由にもできますが、アスペルガー症候群という発達障害は離婚理由にはなりませんので注意が必要です。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群は上手に人間関係が築けない

アスペルガーの夫とすぐ離婚できる場合もある

アスペルガー症候群の中にも、タイプによって違うのですが、異常なまでに執着する人もいれば、あっさりと別れる人もいます。

あっさり別れるタイプの人の場合は、離婚を切り出した時にすぐ離婚に同意してくれることもあります。

ですが、依存症と言われるぐらいの強い執着を持っているタイプの人ですと、離婚したくてもなかなか離婚に同意してくれないことも多いです。

離婚の話し合いをするにしても、アスペルガー症候群の場合、その話し合いをすることすらまともにすることが難しいので、時間と根気が必要になるかもしれません。

個人差がありますので、必ずそうなるというわけではありませんが、離婚となりますといろいろ話し合わなければいけないことも出てきますので、困難な場合もあると考えておいてください。

そういった場合、あらかじめ別居しておいて、夫婦関係が破たんしているという状況を作っておいた方がいいといわれているようです。

あくまでも性格の不一致での離婚ということになりますので、もしすんなり離婚できない場合は、弁護士さんなどに相談しておくのもいいかもしれませんね。

自分にも他人にも関心がない場合の人だと、すんなり別れることができます。

でも、自分のこだわりの中に結婚相手が入っている人の場合、離婚する際も裁判まで持ち込むようなことも多いです。

裁判まで持ち込む形となったら、時間がかかりますが、離婚が成立した後にも問題が出る場合があります。

離婚後も必要以上に追い回されることもあるようです。

その場合、それなりの法的措置を取らないといけない場合もあります。

また、子供などがいる場合などに、養育費をとりきめたあと、真面目に払ってくれる場合が多いです。

決まり事やルールを守るといった特徴があらわれていますね。

タイプにもよるのですが、離婚後、真面目に養育費のみを払い続ける人もいれば、違うことに依存する人もいて、中には、離婚後に別れた妻のもとにきて、暴力をふるいだす人もいます。

なので、自分の夫のタイプによっては、離婚後の生活のこともきちんと考えてから離婚することをオススメします。

→軽度のアスペルガー症候群は治療で治る?重度に進展する可能性

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事