ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

深瀬慧さんのケース!アスペルガー・ADHD・発達障害のエピソード

   

スポンサーリンク

若者に大人気の「SEKAI NO OWARI」のボーカルの深瀬慧さんは、自ら発達障害であることを告白しています。

また、深瀬慧さんはパニック障害で精神病院に入院したいたこともあるそうです。

fukase

深瀬慧の発達障害は小さいときから兆候は見られていた

深瀬さんが小学校の時には、授業に集中できなく、成績がオール1だったようです。

周りの友達ともうまくコミュニケーションが取れずに、ケンカをすることが多かったようです。

中学校の時には、いじめの対象になってしまい、不登校になりました。

高校も頑張って入学したのですが、1年生の時に中退してしまいます。

1年で中退してしまったという理由には、いろいろな噂もあるのですが、発達障害であるために、勉強についていけなかったという説が濃厚です。

小学校・中学校・高校と、周りの人とうまくコミュニケーションをとることができなかったことからか、海外留学を目指します。

海外留学をした後も、当時付き合っていた彼女が急きょ帰国してしまったことで、パニック障害になってしまい、精神病院に入院することとなります

その時の、絶望感がバンド名の由来と言われています。

また、精神安定剤の副作用での記憶力低下がみられ、帰る道を忘れてしまうこともあったようです。

スポンサーリンク

→長嶋茂雄さんのケース!発達障害のエピソード

深瀬慧ADHDと診断されている

深瀬さんは、精神病とも言われていますが、ADHDと診断されているようです。

発達障害であるADHDは先天性のものにもなり、生まれつき持っていたことが多いとされています。

そのために、小学校・中学校・高校で、まわりの人とうまくコミュニケーションを取れなかったのかもしれません。

授業に集中できないというのも、ADHDの不注意という特徴からきていて、1つの事に集中ができなかったのかもしれませんね。

また、発達障害は他の発達障害などとも合併していることもありますので、学習障害があったり、知的障害があったりしたのかもしれません。

高校の時に、中退してしまった理由も、ケンカして中退したという噂もありますが、コミュニケーションがとることができなかったことや、勉強が苦手といったことが強いと思います。

小学校の時に、ケンカをすることが多かったということも、衝動性が強く出ていたのではないのでしょうか。

ADHDの症状は、完治はできないが、薬で症状を改善することができることもあります。

また、発達障害の人は、うつ病などの精神病にもなりやすく、二次障害をもちやすいといわれています。

パニック障害で入院したことも、ADHDによって、二次障害をもってしまったのかもしれませんね。

興味がある事や、得意なことには集中することができるので、深瀬さんにとってそれが音楽であり、能力を発揮できて、今に至っているのではないのでしょうか。

発達障害は、病気ではなく、脳の機能障害からくる障害になります。

発達障害や精神病などは、理解されていない人も多くいて、発達障害というだけで偏見をもたれる人も多くいます。

発達障害は、見ただけでは普通の人と変わりませんが、発達障害をもっている人は、生活に困難なことをかかえることも多くいます。

→さかなクンのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - ADHD, アスペルガー症候群, 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事