ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の特徴!1歳2歳3歳4歳でどの程度の変化がみられる?

   

スポンサーリンク

発達障害の特徴として、みられる行動は、年齢ごとに変化がみられるのでしょうか。

どの程度のことができると、一般的なのでしょうか。

adhd

1歳半の検診で発達障害を指摘されることもある

1歳の検診などで、発達についてもチェックされることで、できない場合発達障害の疑いがあるとも言われています。

目や耳に関しては、アイコンタクトが取れるか、名前を呼ばれて反応することができるかなどの反応を見ます。

動作をまねるかどうかや、指さしなどの行動をとるかも確認されます。

全員がそうとは言えないのですが、発達障害を持っている場合、指さしをしない子が多いですので、その部分は確認されるようですね。

検診で次にあるのが、3歳検診で、少し期間が空きますよね。

その間の2歳頃では、友達で遊ぶ中で必要なしぐさや言葉が使えるようになってきます。

「どうぞ」や「ちょうだい」、「ありがとう」などが使えるようになる子が多いです。
そのため、使えていない場合は、少し遅れているとみられる場合もあります。

そのしぐさや言葉が使えてないからといって、成長には個人差がありますので、必ずしもそうといったわけではありません。

スポンサーリンク

→発達障害の赤ちゃんや子供にはどんな特徴がみられる?

発達障害は3歳検診で指摘されることも

3歳になると、言葉もだいぶ話すようになり、会話ができるようになります。

会話にならず、単語ばかりの言葉を使うようでしたら、言葉の遅れがある場合があります。

3歳検診などで、普段の様子を聞き、会話の様子や、こだわりが強いことがある事、落ち着きがない様子が見られた場合、発達障害の疑いがあると指摘されることもあります。

また、公共の場では静かにするなどのルールが守るなど、他の人に迷惑をかけないようにすることも覚えてきます。

4歳ぐらいになると、順番がきちんとわかり、待つことができるようになる子が多くなります。

他にも、30分程度の決められた時間は、席に座って、食事をしたり、遊んだりすることができるようにもなっている年齢になります。

子供は、成長過程にあるので、個人差もあり、必ずしもそうとは言えないのですが、一般的な目安として見てくださいね。

全員がそうではないですが、3歳頃には保育園や幼稚園に通う子も多くなる年齢になりますよね。

集団生活をしていく中で、必要な行動や言葉が、周りの子と比べて出来ないことが多いなども発達障害の疑いが高いとも言われます。

成長には個人差がありますが、明らかに度をこしている行動や、何度注意してもなおらない場合などは、保育士や先生から指摘される場合もあるようです。

疑わしい場合、病院で診てもらい、診断を受けることも大切です。

病院に行く前に、市の子育て支援課に相談するなどでもいいですよね。

疑わしい行動が多いと思っても、あまり悲観的にはならずに、子育て支援などに相談や、かかりつけの小児科で相談してみるといいですよ。

発達障害であった場合、適切な対応をすることで、症状を和らげることも可能なのです。

→深瀬慧さんのケース!アスペルガー・ADHD・発達障害のエピソード

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事