ADHDの治療法!驚きの改善方法で治る!

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の子供に向く習い事と向かない習い事

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている場合、適切な対応が必要なこともあり、習い事をするにしても注意が必要な場合もありますよね。

発達障害をもつ子供でもおすすめの習い事は、どういったものがあるのでしょうか。

adhd

発達障害はチームプレイは向いていない

習い事にもいろいろありますが、スポーツなどでは、チームがメインになるものだと向いていない習い事になります。

男の子だと、サッカーとか野球を習わせたい親もいるかと思います。

しかし、周りについていけない、合わせることができないなどのことは、最悪の場合、やめさせられてしまうこともあるのです。

また、チームプレイがないスポーツなどでも、コーチなどによっては、その子だけ特別に指導する機会が多いことや、つきっきりになってしまう場合もあるため、同じ習い事をさせられている子供や親から非難を浴びてしまうこともあるのです。

習い事は、普通の人むけにしているところも多く、特別扱いされているのが気に入らないことも多いようです。

同じように、塾などでも、個別レッスンや少人数のタイプならまだいいのですが、発達障害を理解していない先生の場合、かえって二次障害を作ってしまう原因となってしまうかもしれません。

普通の子と同じようにさせているつもりでも、特別扱いされているように見えることで非難を受けることや、引きうけてはみたものの、結局辞めさせることになったなどが原因で、二次障害をもってしまうきっかけとなってしまう習い事も多いのです。

スポンサーリンク

→発達障害の子供は言葉の遅れが生じる理由は?

発達障害の子供にオススメの習い事

よくあるスポーツ系の習い事では、水泳も向いている習い事になります。

筋力が少なくても、できるスポーツにもなり、ある意味個人競技にもなりますので、自分のペースですることができるのです。

ただ、人数が多かったり、コーチによったりになってしまうこともあるので注意が必要です。

習う場所によっては、協調性も学ぶこともでき、体感を鍛えることもできますので、オススメともいえます。

スポーツ系でだと、武術や武道などの習い事もオススメにもなります。

これらも個人競技になり、武術などでは精神統一や集中力をつけることも可能です。

武術などは、礼に始まって、礼に終わるので、礼儀や思いやりの心を学ぶこともできるのですよ。

同時に、身体を鍛えることにもつながりますので、いじめの対象にもなりやすい発達障害の子供が多いので、自己防衛能力をつけるといった面でも役に立ちます。

集中力や精神統一といった面では、習字などの習い事もいいですよね。

こだわりが強い子の場合や、興味がある事にだったら集中できる子の場合は、その興味がある事に関してだったら、習い事もうまくできる場合もあるようです。

個人差もありますので、向かない習い事が向いている子もいれば、向いている習い事が向かない子もいるのです。

なので、親が勝手に決めてしまうのではなく、その子と相談したうえで習いたいことを決めるということも大切になってきますよね。

→3歳児の発達障害の子供との接し方!

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事