ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の子供にオススメの勉強の教え方!

   

スポンサーリンク

発達障害をもっている子は、勉強が苦手な子が多いです。

どうして勉強が苦手になってしまうのでしょう。

また、どういった勉強の教え方なら、効果的に勉強ができるようになるのでしょうか。

adhd

発達障害の子供は環境を整えることが大切

発達障害をもっている子は、知能障害をもっていない子でも、勉強が苦手なことが多いです。

勉強ができないのではなく、集中することができないことや、やり方がわからなくて、勉強が苦手ということが多いです。

勉強できる環境を整えてあげることや、やり方次第で、勉強ができるようになるのです。

発達障害の症状によって、やり方や教え方も変わってきます。

ADHDの子の場合、集中できないことが多いため、勉強ができないといったことが多くあります。

そのため、机の上に必要なもの以外を置かないことや、自宅で他の物が気になってしまう場合は、図書館など、他の場所を利用することもいいですよね。

アスペルガー症候群などの子で、感覚過敏があり、周りの音が気になってしまい勉強できないということもあります。

そのため、雑音が入らないように、イヤーマフをしたり、図書館など静かな場所で勉強したり、などして環境を整えてあげることが必要なこともあります。

スポンサーリンク

→1歳・2歳児の広汎性発達障害の特徴とは?乳児期に症状が現れる

発達障害は同時作業が苦手

発達障害をもっている子供は、同時作業が苦手なことが多いです。

「話を聞きながらノートに書く」などが苦手なことも多く、勉強ができなくなっていることもあります。

区切りをつけてあげ、1つ1つ進めていくことも大切になります。

1つが終わったら、次の1つを進めていくということで、理解できることもあるのです。

アスペルガー症候群の場合は、言葉で聞くよりも、目で見たほうが理解できることも多いです。

その場合、文字やイラスト、写真などを用いた勉強方法をすることによって、理解力が高くあらわれます。

学習障害をもっている場合、特定のことができないといったことが多いので、見ることが苦手なら、聞くことでサポートするなどの工夫も必要です。

また、その子がやりたいやり方を、無理に変えてしまうのも逆効果になってしまう場合もあります。

その子のしたい勉強のやり方で、自分のペースでやらせてあげることも時には必要なのです。

自分の好きなことや興味があることには、高い集中力や能力を発揮することも多いので、1つだとしても、その分野を褒めて伸ばしていってあげることも大切なことになります。

叱ることでやる気をなくしてしまう子も多いので、ちょっとしたことでも褒めてあげることが大切です。

子供が勉強に興味をもつように、できた時のご褒美をつけたり、メロディーに合わせたり、遊び心を加えた勉強の仕方でも、子供によっては興味をもってやってくれることもあります。

無理にやらせようとすると、できていたことまでやる気をなくしてしまうなどもあり、逆効果になりますので、環境を整えてあげ、その子にあったやり方で進めていくことも大切なことになるのです。

→高機能広汎性発達障害とは?子供の症状や原因

スポンサーリンク

→ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ


 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事