ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の子供のグレーゾーンはIQが高い?療育支援は必要?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

最近は、発達障害のグレーゾーンとよばれる子供たちが増えてきています。

グレーゾーンの子供のIQ(知能指数)は、どのくらいになるのでしょうか。

iq

発達障害はIQの数値で分類されている

発達障害のグレーゾーンと言われる子供たちのIQは、71~89が多くなっています。

一般の平均的な子供のIQが、90~109になり、IQ70以下の子供が、知的障害に分類されます。

知的障害のIQは、自治体によって異なり、75以下の場合に知的障害と判断しているところもあるようです。

グレーゾーンとしてのIQが、71~89なのです。

平均的な子供と知的障害の間がグレーゾーンとよばれ、境界とも呼ばれています。

子供によって、個人差や多少の誤差もありますので、普通の子供に近いIQの子供もいれば、知的障害に近いIQの子もいます。

発達障害をIQだけで判断するわけではないので、この範囲に当てはまらない子も多くいるようです。

「知的障害としてはグレーゾーン」という時の、IQの境界とされるのが、さきほどの範囲の数値になるのです。

発達障害としてだけのグレーゾーンの子もいますし、アスペルガー症候群などは知的障害がないですよね。

そのため、IQ71~89は、発達障害のグレーゾーンのIQとも言われますが、IQだけで発達障害のグレーゾーンというわけではないので、例外も出てくるのです。

自閉症などは、知的障害を伴う場合が多いのですが、自閉症でも高いIQをもった子もいます。

IQの高低などから、発達障害の重さが決まるというわけでもないのですよ。

発達障害や、発達障害のグレーゾーンの方は、IQにかかわらず、生きづらさを感じている人は少なくありません。

スポンサーリンク

→発達障害は職場で目の敵にされる?会社の上司に目の敵にされない方法

発達障害のグレーゾーン!療育などの支援が必要な場合

発達障害のグレーゾーンと言われる子たちは、療育などの支援が必要なのでしょうか。

療育する機関や場所によっては、希望した場合にも療育を受けることが可能な場合もあります。

現状ですと、療育を受けるべきと判断されるのにIQを用いられてしまうこともあります。

IQには問題なくても、発達障害の特徴ともいえるコミュニケーション能力が低いことや、社会性の欠如がある場合、きちんと療育すべくケースも多くあるのです。

生活に支障が出るようなら、療育を受けることは必要なこととなりますよね。

IQを基準に判断して、療育手帳を出すことが多いのですが、場所によっては、療育手帳なしでも療育を受けることができるところもあります。

IQで判断する基準はありますが、その子供が生きづらさを感じているようでしたら、療育を受け、将来必要な社会性を身につけることや、まわりの同い年の子との溝が深まらないように、療育を受けることも大切なことになるのです。

知的障害としての判断基準であるIQにもなりますが、その子が周りになじめず、悩んでいるようでしたら、親が積極的に療育をうけさせることを考えてあげてくださいね。

放っておくことによって、症状の悪化や二次障害をもつ可能性もありますので、注意が必要です。

→発達障害の偏食は3歳位から現れる?改善する為のポイント

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事