注目の記事 PICK UP!

発達障害が自立するのに必要なポイント

スポンサーリンク

発達障害をもっている場合、生活していくうえで生きづらさを感じることが多くあります。

子供のうちは、親や周りの人がサポートや支援してくれているので、普通に生活できる人もいますよね。

でも、発達障害をもっている子供も、いつかは自立しなくてはいけません。

では、発達障害をもっている子供が、自立するために必要なことは、どのようなことになるのでしょうか。

nio con maleta en la carretera

発達障害の人が自立するために必要なポイント

子供の自立を目指して、まずすることは、「できないことを理解する」ということになります。

できないことや、苦手なことでも、その子供なりの理由があります。

身の回りのことでできないことがある場合、なんでその行動ができないのか、聞いてみてあげてください。

普通の人だったら、「そんなことで?」と思うようなことでも、その子にとっては苦痛になっているためにできなくなっていたり、苦手になってしまっていたりすることが多いのです。

苦手なことやできない理由がわかったら、それをできるように工夫してあげましょう。

たとえば、髪を洗うのが嫌いな子で、水圧が痛いからという子供の場合でしたら、水圧を下げてあげることや、服を着替えるのが苦手な子で、服の縫い目がチクチクするから苦手という場合は、縫い目の少ない服にしてあげるなどの工夫をしてあげてください。

できる工夫をしてあげることが大切になります。

その子が、苦手になっている原因を取り除いてあげれば、できなかったこともできるようになることもあるのです。

また、できないことを無理に全部やらせようとするのは、やらないようにしてください。

小さな段階をつけて、徐々にできるようにしていくことが大切になります。

最終的にできるようになるまで、「今はここまで、できるようになった」と思い、無理に一気に最後までできるようにしないでくださいね。

[ad#ad-1]

→子供の発達障害と自閉症の特徴と違い!

就職活動も同じようなポイント

自立するときには、仕事ということもでてきますよね。

就職に関しても、できることとできないことを把握することが大切になります。

やりたい仕事や興味がある仕事が適職になるのではなく、自分ができることがある仕事が適職になります。

子供が、できることや得意なこと作業のある仕事が、適性のある仕事になりますよね。

就職用の適性検査などもありますので、それを用いて、どのような仕事になら適性があるのかを、早い段階から知ることができれば、前もってその職業へ向けての準備をすることも可能です。

適性があって、興味がある仕事でしたら、アルバイトからでもやってみるのもいいですよね。

仕事に関しても、初めから正社員として頑張るのもいいですが、向いていると思ったから頑張っていたけど、仕事ができなかったということで、体調を壊してしまうケースも多くあります。

仕事に関しても、一気に全部できるようになろうとするのではなく、小さい段階を踏んで、徐々にできるようにするようにすることも大切なこととなります。

発達障害をもっていても、工夫をすることや、徐々にできるようにしていくことで、自立していくことは可能です。

子供のうちから、トレーニングしていくことで、将来に役立てることができるようになりますので、頑張ってくださいね。

→発達障害の子供に疲れた!辛い育児の対処法

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 発達障害と軽度知的障害の違い!学校は普通学級で問題ない

  2. 子供の発達障害をなぜ認めない親が居る?現実を受け入れられない?

  3. 発達障害の人は職場でどんな迷惑をかけるのか?

  4. 発達障害の赤ちゃんや子供にはどんな特徴がみられる?

  5. 発達障害の療育の内容や費用!

  6. 発達障害の二次障害!不登校問題が起こった場合の対処法は?

  7. 発達障害の遺伝!祖母・祖父・兄弟に居たら子供は要注意

  8. 高畑裕太は発達障害・ADHD・アスペルガー症候群どれにあたるの?

  9. 発達障害の子に起こるフラッシュバックの症状!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP