ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害のイライラを抑える方法!食べ物や飲み物で改善できる?

      2017/12/16

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害を持っている人は、イライラしやすい人が少なくありません。職場や学校でトラブルを抱える事が多いためです。また、普通の人が何とも感じない音やニオイに過敏に反応する事も、イライラの原因になります。イライラを抑えるには、身近なところに改善ポイントがあります。食事です。

adhd

砂糖の摂取量を少なくする!低血糖症になっている事があるから

発達障害の人がイライラしやすい原因の1つとして、指摘されているのが、低血糖症です。低血糖症は、砂糖を摂り過ぎてしまい、血糖をコントロールできなくなる状態です。

低血糖症になると、神経過敏になります。発達障害の人は、もともと音やニオイに過敏に反応する傾向があるため、低血糖症になると、神経過敏が一層酷くなります。砂糖の摂取量を減らすだけで、イライラが改善される場合もあります。

→3歳児の発達障害の癇癪の対応!怒りをコントロールする方法

砂糖の好ましい摂取量は1日のエネルギー摂取量の5%未満!ジャンクフードの摂り過ぎにも注意

子供が欲しがる甘いお菓子は、発達障害を持つ場合、慎重に与えるようにしましょう。砂糖の好ましい摂取量は、1日のエネルギー摂取量の5%未満とされています。WHOが推奨する摂取量は、大人が1日25g以下、12~17歳の男子の場合は、1日30~35g以下とされています。ちなみに、25gというと、小さじ8杯程度です。

また、ジャンクフードやインスタント食品の摂り過ぎにも注意しましょう。ジャンクフードやインスタント食品の摂取量が多いと、ビタミンB群が不足します。特に、ビタミンB1が不足してしまいます。

スポンサーリンク

→子供が空気が読めないのは病気や発達障害?

カルシウムやマグネシウムは積極的に摂ろう!マグネシウム不足を補うなら大豆がオススメ

イライラを引き起こすと言われているのが、カルシウム不足です。カルシウム不足が、実は砂糖の摂り過ぎによって引き起こされる場合もあります。カルシウムを奪ってしまうのが、砂糖とされています。

子供の場合は、マグネシウムが不足しても、イライラしやすくなります。子供に必要なマグネシウムの摂取量は、体重1kgにつき、1日あたり10mgとされています。20kgの子供なら、1日あたり200mgのマグネシウムが必要です。マグネシウム200mgというと、大豆60gが必要になります。

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

大豆にはリン脂質も含まれている!リン脂質を効率よく摂取するならコチラ

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

大豆には、マグネシウムのみならず、リン脂質も含まれています。リン脂質は、最近注目されているブレインフードの1つです。リン脂質は、脳細胞の材料であり、神経細胞の機能に貢献します。

大豆に含まれているリン脂質は、ホスファチジルセリンです。ホスファチジルセリンは、大豆に0.003%程度含まれています。希少なホスファチジルセリンを1粒に100mg配合してあるのが、「コドミン」です。「コドミン」は、1日に1~2粒飲むと、子供の落ち着きをサポートするとされています。

スポンサーリンク

→ADDやADHDは幼児に遺伝する?特徴は3歳頃から現れるのか?

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事