注目の記事 PICK UP!

坂本龍馬のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

歴史上有名な人物の坂本龍馬さん。

実は、数々の偉業と成し遂げてきている坂本龍馬さんも、発達障害であったのではないかと、多くの専門医が言っています。

ryoma

坂本龍馬は子供のころはいじめられっこだった

歴史好きな人で、坂本龍馬さんを好きな人も多くいますよね。

坂本龍馬さんは、変わり者であることや、破天荒なエピソードが多いのです。

10歳過ぎても、お漏らしをしていたことや、食べ物を食べる時もボロボロこぼしながら食べていました。

他にも、1人で袴を履けないといったことや、勉強が全くできず、字もろくに書けなかったようです。

勉強もできなくて、生活面でもだらしない部分が多かったり、不器用だったりしています。

そのため、よくいじめられていたのですが、姉である乙女さんがかばってくれていました。

生活面のだらしないところなども、12歳の時に無くなってしまっている母親に代わり、姉の乙女さんがサポートし続けていたようです。

乙女さんが、支えてきたからこそ、坂本龍馬さんの自尊心が傷つかなくてすみ、前向きに考えて突き進むという、のちの坂本龍馬さんができていったのですね。

自分でできないことなどの不器用な点も多く、勉強面でもダメだった坂本龍馬さんですが、ADHD学習障害をもっていた疑いがあるのです。

遠慮をすることがなくて、人の話は聞かずに居眠りしてしまうことなどもあったようです。

そのことからも、自分の興味のある事しかやらないといった、ADHDの疑いがある症状にもとれますよね。

[ad#ad-1]

→アインシュタインのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

姉の乙女さんのサポートがあったおかげ

いつも食べ物をボロボロこぼすことや、字もろくに書けないこと、人の話を聞かないなど、結構いじめられることにもつながりますよね。

子供のころから、姉の乙女さんがサポートし続けてくれたことで、前向きで合理的な坂本龍馬さんへと成長できたのではないでしょうか。

ADHDの多動性や衝動性が、見られる行動が多いのですが、乙女さんが常にかばってくれ、面倒を見ていてくれたおかげがとても影響があったことと思います。

坂本龍馬さんは、だらしない面も多いのですが、凄いひらめきをするなど、頭の回転が速いことでも知られていますよね。

その才能を、姉の乙女さんがいち早く見抜いていたから、サポートし続けていたというにも言われています。

そのサポートが、今で言う療育や、トレーニングとなっていたのでしょう。

子供のうちから、支えてくれる人がいたので、症状の悪化もあまりせずに、二次障害にあたる精神病などにもかかることなく、偉業を成し遂げていったのかもしれませんね。

今では有名な、坂本龍馬さんもADHDであった可能性が非常に高いといわれています。

もちろん、当時に発達障害の事は知られていませんので、確実ではないのですが、ADHDのような症状の出ている行動のエピソードが非常に多いですよね。

乙女さんが、いち早く才能を見抜き、見守りながらサポートしてくれたことによって、元から持っている才能を伸ばすことができたのです。

このことからもわかるように、ADHDの疑いがあっても、見守りながらサポートしていくことで、その人の才能を伸ばしてあげることも可能だと、証明している人物でもありますよね。

→島崎遥香さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 学校では教えてくれない!発達障害の子供を診断チェックするポイント!

  2. 大人のアスペルガー症候群の恋愛事情!

  3. アスペルガー症候群は摂食障害を併発しやすい?

  4. 発達障害の子供のグレーゾーンはIQが高い?療育支援は必要?

  5. 子供の発達障害と自閉症の特徴と違い!

  6. 浜口京子の性格!ぶりっこ・くねくね・口下手とアスペルガー症候群の関係性

  7. 幼児のアスペルガー症候群診断テストはどんな内容?

  8. アスペルガー症候群とうつ病の関係

  9. 子供が空気が読めないのは病気や発達障害?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP