ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

宮崎哲弥さんのケース!アスペルガー症候群のエピソード

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

評論家や著述家、コメンテーターとして活躍している宮崎哲弥さん。

ニュース番組などで、自分の意見をズバッと言ったり、豊富な知識と情報でわかりやすく説明くれたりしています。

そんな彼も、アスペルガー症候群ではないかという噂があります。

adhd

宮崎哲弥さんは中度のアスペルガーだと言われている

宮崎哲弥さんは、今の宮崎哲弥さんからは想像がつかないのですが、中学校から高校の時に、武器を持って徘徊するなどしていたため、精神科医に診てもらうほどの状態だったようです。

学生時代荒れていたというだけで、アスペルガー症候群という噂が出たのでしょうか。

最近では、アスペルガー症候群のことを理解していなくても、レッテル貼りや、非難的な言葉として「アスペ」と使われる方が多くいます。

アスペルガー症候群の特徴をあまり知らなくても、「変わった人」「空気が読めない人」と思われると、「アスペ」と言われることも多いのです。

他の疑われている理由として、想像することが苦手なこと、人の顔を覚えられないこと、記憶力が非常にいいこと、アスペルガー症候群に多い独特の喋り方をしているということもあります。

これらの理由は、アスペルガー症候群の人の特徴としても言われますが、個人差もあり必ずしも当てはまるわけではありません。

本人が診断を受けたわけではないので、中度のアスペルガー症候群かもしれないという疑いがあるだけになります。

スポンサーリンク

→坂本龍馬のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

宮崎哲弥さんはアスペルガー症候群の疑いがあるだけ?

宮崎哲弥さんは、アスペルガー症候群という診断を受けているということは公表されていませんので、あくまでも噂や疑いがあるだけになります。

ですが、番組中に急に怒り出して番組のセットを壊したこともあります。

本人には自覚がないのですが、きわめてマイペースらしく、自分のペースで行動するといった面も見られます。

番組を途中で降板するといったこともありました。

ただ、それは体調不良による降板だったといわれているようです。

アスペルガー症候群をもっているための行動なのかは定かではありません。

当てはまることも多いのですが、否定できるような面もあります。

コミュニケーションが苦手な人が多い、アスペルガー症候群なのですが、宮崎哲弥さんは、番組などでも、対人相手に普通に会話されていますよね。

アスペルガー症候群の人は、一方的で分かりにくい話し方をする人も多いですが、宮崎哲弥さんは、わかりやすく説明してくれていることが多いですよね。

当てはまることもあれば、否定できることも多く、診断されているかどうかも定かではありません。

宮崎哲弥さんご本人が、診断されて中度の症状といっているのか、あてはまることがあるから言っているのかも不明になります。

正式に言われていないことから、アスペルガー症候群の診断は受けていないが、もしかしたら中度のアスペルガー症候群なのかもしれないという事の方が、正しいのかもしれませんね。

→アインシュタインのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事