ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDとアスペルガーは併発・混合・合併はしないのか?診断結果でわかる!

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害の中のADHDとアスペルガーは併発したりするのでしょうか。

片方でも改善するのに併発するとしたら大変ですよね。

しかし、ADHDとアスペルガーの併発はあるのです。

adhd

アスペルガーの人はADHDも併発しやすい

ADHDと似たような症状の行動をとることから間違えやすく、成長してからアスペルガーの症状がみられ、実は違う発達障害だったという人もいますが、どちらももっていることもあるのです。

ADHDの人はアスペルガーだけではなく、他の発達障害も併発しやすいみたいです。

ADHDだけではなく1つの発達障害を持っている場合、他の発達障害も併発しやすい可能性があります。

ADHDとアスペルガーは似たような行動が見られますが、原因が違うことがわかっています。

併発している場合は特に、小さいうちにどちらなのか判断するのが難しく診断に時間がかかることも多いです。

昔は、ADHDとアスペルガーなどの発達障害の併発が認められていなく、途中から原因が違うことがわかり、併発が認められるようになったので、医師によっては併発しているという診断を下さない場合もあります。

似たような症状でも根本的な原因が違うので、時間がかかっても診断がつく場合もあるので、もし併発していた場合でも、それぞれの症状にあった改善方法を見つけて治療していくことになります。

スポンサーリンク

→ADHDとアスペルガー症候群の根本的な違いとは?両方の特徴のまとめ!

他の発達障害と併発している場合

ADHDとアスペルガーが併発している場合、2つの特徴を混合した症状になります。

個人差がありますが、悪いところが混ざった症状になるので、計画を実行することができなかったり、興味がないこと以外は集中できなくなったり、片付けができないなどの症状になってしまいますよね。

ADHDだけでしたら、我慢することができなくてとってしまう行動も、アスペルガーと混ざってしまうことにより、我慢する理由もわからなくとってしまう行動、我慢する理由がわかっていても我慢できなくてとってしまう行動の2つを併せもった症状になってしまうのです。

両方が合わさることによって、仕事や勉強が継続できなくなる場合もありますよね。

2つの発達障害は、どちらも対人関係が苦手なところもありますので、本人も周りの人も適切な対応をしないと、鬱や総合失調症などの精神障害をも合わせて持つことになる場合も多いようです。

ADHDの症状は成長するにつれ、落ち着いてくる場合もありますが、アスペルガーの場合、理由がわからなくてとってしまう行動が多いので、社会に出たときに大変困ることになると思います。

片方だけでも大変なのに、2重に大変になってしまうのです。

どちらも脳の機能障害によっての発達障害なので、きちんと診断を受け、それぞれの症状に合った治療が非常に大事になってきます。

治療しないで放置して精神障害などの二次障害をださないためにも、その人の症状にあった適切な対応が必要になってきます。

併発しているからと悲嘆せずに、適切な対応、適切な治療が大切なことを忘れないでください。

→発達障害・自閉症・ADHD・LD・アスペルガーは遺伝する?確率的にはどの位なのか?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事