注目の記事 PICK UP!

学習障害(LD)の子供の勉強法!正しく学べば症状は良くなる?

スポンサーリンク

学習障害(LD)をもっている子供には、どういった勉強方法をすればいいのでしょうか。

勉強の仕方によっては、症状が改善されるのでしょうか。

ld

学習障害その子にあった勉強法を見つける

学習障害をもっている子供にも、向き不向きがあり、目で見ることは理解できる視覚優位な子もいれば、耳で聞いたら理解できるといった聴覚優位タイプの子もいます。

視覚優位な子には、イラストや絵などを使ったり、学習ソフトを使ったりして勉強するのもいいですよね。

聴覚優位な子でしたら、問題や文字を読んで聞かせてあげることが効果的です。

文字を書くことが苦手な子には、補助線のついたノートを使って勉強することも必要になってきます。

小さなマスだと、はみ出してしまいうまく書けないようでしたら、普通に使う1つのマスを合わせて大きなマスにしてあげるといった工夫が必要な場合もあります。

いずれにせよ、子供が楽しく学べるように、工夫してあげることが大切なこととなります。

また、できないことを叱るのではなく、できることを褒めてあげてください。

普通の人から見たら簡単なことでも、「ここまではできた」と思い、褒めてあげることで子供の能力が伸びることがあります。

子供が、自分のやり方があって、その方法でなら勉強するといった時には、そのやり方を否定しないであげてくださいね。

「一般的なやり方じゃないからダメ」ではなく、「この子はこのやり方なら理解できるのだ」と受け止めてあげてください。

子供のやり方を否定することは、自信喪失にもつながってしまいますので注意が必要です。

子供によって、勉強のやり方や覚え方は違うことも多いので、子供のやり方や覚え方、理解できる方法を見つけて、工夫していくことはとても大切なことになります。

[ad#ad-1]

→学習障害(LD)の定義とは?読み書きが出来ないとLD?

学習障害向けの教材もいろいろ出ている

今は、学習障害などの発達障害をもっている子供向けに、学習教材を出しているところもたくさんあります。

パソコンなどの電子機器を使った方法の物から、テキストなどの紙媒体の物までいろいろありますので、もし余裕がある方でしたら利用してみるのもいいかもしれませんね。

その子供にあっている方法なら、効果が期待できるかもしれません。

また、長時間つづけてやるよりも、短時間の学習を長期間続ける方法が、効果的にもなりますので、親は長い目で見ていくことも大切です。

なかなかできないからと叱らないでくださいね。

他の発達障害と合併している場合には、環境を整えてあげるなどの工夫も必要な場合もあります。

得意なことには集中できるけど、他の教科には集中できないといった場合でも、できないことを伸ばすのは困難にもなりますが、できることから褒めていくことはとても大切なこととなるのですよ。

得意なことを伸ばしていくのは簡単になりますので、できることは褒めてあげ、できなくても頑張ったことを褒めてあげてくださいね。

褒めることによって、できるようになっていくこともあるのです。

→学習障害(LD)の原因は遺伝?親がLDだと遺伝する?

[ad#ad-1]

関連記事

  1. オーランド・ブルームさんのディスレクシアについて

  2. ジミー大西さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  3. 学習障害(LD)の子供の特徴!算数の計算が出来ない時の対処法

  4. 学習障害(LD)の定義とは?読み書きが出来ないとLD?

  5. ADHD・LD・発達障害・アスペルガー症候群・自閉症!一体なにがどう違うのか?

  6. ウーピー・ゴールドバーグさんの学習障害について

  7. ジム・キャリーさんのケース!ディスレクシア・ADDのエピソード

  8. 発達障害・自閉症・ADHD・LD・アスペルガーは遺伝する?確率的にはどの位なのか?

  9. 乳幼児に学習障害(LD)の特徴は診断で分かる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP