ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの子は我慢や自己制御出来ない!効果的な予防対策法

      2017/11/27

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、不注意、多動性、衝動性を特徴とします。ADHDの子供は、我慢する事がなかなか出来ず、自己制御が効かない事が少なくありません。衝動性や多動性が症状として強く出ている場合に、効果的な予防対策としては、どのような事があるでしょうか?

adhd

症状を一時的に緩和できるのが薬物療法!副作用に注意しながら慎重に服用

ADHDは、発達障害の中では、症状を和らげる薬がある点に特徴があります。中枢神経刺激薬や非中枢神経刺激薬が用いられています。いずれの薬も、症状を一時的に緩和させるものになります。薬が効いている間は、衝動性や多動性を抑える事が可能です。薬物療法は、完治を目的としたものではありません。

また、用いられる薬は、脳内神経物質の量をコントロールするものなので、副作用が強く出る事があります。副作用に注意しながら、慎重に薬を服用させる事が大切です。

→自閉症スペクトラム障害はADHDと併発する?症状や対応について

薬物療法とあわせて行われるのが心理療法!副作用のリスクが無いので安心

薬物療法は、一時的に症状を緩和させるものであり、副作用の不安もあるため、多くは、心理療法が併用されます。薬物療法に不安がある場合は、医師と相談して、心理療法のみで対策を行う事もあります。

心理療法では、ADHDを無理やり治そうとするのではなく、多動性や衝動性をその子の個性の一環として受け止めつつ、日常生活に支障を来さないようにサポートします。そのため、個別にプランを立てて治療していく事になります。副作用の心配が無いので、幅広く受け入れられています。

スポンサーリンク

→ADHDが孤独感・劣等感・疎外感が強い原因!不安感を解消する方法

成長とともに適応能力が高まっていく!悪化しないようにサポートする事がまずは大切

ADHDは、先天性の障害であり、衝動性や多動性を完全に抑える事は難しいとされています。こうしたいと思った時に、我慢できずに衝動的に動いてしまう事は、大人になってもあります。

ただし、成長とともに、適応能力が高まり、衝動性や多動性が際立たなくなる可能性はあります。それまでの間、症状を悪化させないように、薬物療法や心理療法でサポートし、本人にとって生きづらくない環境を整える事が大切です。

→ADDとADHDの違い!子供の特徴や症状!改善策や対応方法は?

注目のブレインフードで落ち着きをサポート!毎日飲んでも副作用の心配無し

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

ADHDは、多動性や衝動性が表面に強く出るのは、幼児期とされています。幼児期は、脳が形成される期間です。成長期の子供の脳に良いとされるのが、最近注目が高まっているブレインフードです。ブレインフードの1つがリン脂質です。リン脂質は、神経細胞の機能に貢献するとされ、子供のADHDに有効と言われています。

リン脂質は、手近なところではホスファチジルセリンとして大豆に含まれています。ただし、ホスファチジルセリンの大豆の含有量は0.003%程度です。ホスファチジルセリンを1粒に100mg配合しているのが、「コドミン」です。「コドミン」は食品扱いなので、毎日飲んでも副作用の心配がありません。

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事