ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

自閉症の治療薬や療育!本当に効果は現れる?

      2017/12/20

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

自閉症の治療には、薬が用いられるだけでなく、療育も多く行われています。治療薬を服用したり、療育を受けたりする事で、本当に自閉症の症状に効果があるのでしょうか?

jiheishou

療育は自立を支えるトレーニング!早期に始めるほど効果が現れる

療育は、治療教育の事です。一人一人の症状に合わせ、社会生活を普通に送れるように、指導やトレーニングをしていきます。

自閉症では言葉が遅れる事が多いので、言葉のトレーニングもしていきます。自閉症の子供は、耳で聞くよりも、目で見た方が理解がしやすいので、文字・写真・イラストなどを使って、情報を正しく受け止める練習もします。

身の回りの事を処理できるように指導する他、公共の場所でのマナーや買い物の仕方など、社会生活を送るうえで必要な事も、段階を追って丁寧に教えていきます。

集団生活に馴染むよう、集団で学ぶ事も可能です。療育は、早期に始めるほど効果が現れます。自閉症が疑われたら、療育を受けさせる事を検討しましょう。

→自閉症の子が他害を起こす時の対応や対処法!国での支援は行われている?

療育で学んだ事を家庭でも実践して環境を整える事が大切!毎日の継続が効果を高める

療育で学んだ事は、家庭でも実践するようにしましょう。療育では、自分で服を着られるようにトレーニングしますが、家庭でも、自分で着るように促します。自閉症の子供が練習する機会を増やす事が大切です。

また、カードを使ったコミュニケーションを学んだら、家庭でも、身の回りの物の絵カードを用意して、持たせてあげましょう。自分の要求を絵カードで伝えられるようにします。環境を整え、毎日継続する事が、自閉症の子供の発達を促します。

スポンサーリンク

→自閉症の子供を普通学級に入れるのは危険?

療育と合わせて治療薬を利用する!療育だけで効果が実感できない時の手段として利用するのも良い

自閉症の治療薬には、脳の機能を改善するために使われるもの、情緒を安定させるために使われるものなどがあります。また、合併症の治療に対して、薬が使われる事もあります。

治療薬の効果は個人差が大きく、効果が現れるケースもあれば、効果が見られずに副作用が目立つケースもあります。自閉症の症状は、薬だけで軽減されるものでは無いため、療育と合わせて服用するのが好ましいとされています。

療育を受けていても、効果があまり実感できない時に、最終手段として治療薬を使用するというのも、一つの方法です。

自閉症の子供は不眠症を合併しやすい!睡眠状態を改善するにはコチラ

起立性調節障害
自閉症の子供は、寝つきが極端に悪い事が多いとされます。不眠症は、自閉症の子供に多い合併症です。

合併する確率は、80~90%と言われています。自閉症の子供は、音や光などに対する感覚が過敏で、すぐに目が覚めてしまいます。

自閉症の子供が睡眠障害に悩まされるのは、メラトニンやセロトニンといったホルモンの元になる、トリプトファンの量が安定しないのが原因とされています。

トリプトファンを定期的に補給するようにしましょう。トリプトファンは、他の必須アミノ酸と一緒に摂取すると、効果が現れやすいとされています。必須アミノ酸をバランス良く配合したトリプトファンサプリが、「マインドガードDX」です。

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 自閉症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事