注目の記事 PICK UP!

みやぞんは発達障害やサヴァン症候群!?天然や天才肌には多いのか?

スポンサーリンク

人気上昇中のみやぞん。みやぞんを検索すると、「発達障害」や「サヴァン症候群」という言葉が出てきます。みやぞんは、発達障害やサヴァン症候群なのでしょうか?

miyazon

場にふさわしい言葉が出ない!噂される発達障害

みやぞんに発達障害の噂が流れるようになったのは、会話に感じられる違和感が、原因です。質問された言葉を、おうむ返しにして答える様に、多くの視聴者は、違和感を覚えました。

また、普通ならフォローを入れる場面で、何も言えない様子に、「やっぱり発達障害なのかも?」と思った人が、少なくないようです。大阪イベントで、質問に当てられた女の子が泣いてしまった時、みやぞんが困った顔で立ち尽くした事から、「フツウと違うよね?」という声が、ネットに広がりました。この時、フォローを入れていたのは、相方のあらぽんでした。

[ad#ad-1]

→藤井聡太プロ!アスペルガーや発達障害と将棋のセンスの関係性!

ずば抜けた身体能力と優れた耳コピー!サヴァン症候群の噂もある

みやぞんは、その優れた身体能力を、テレビで披露しています。空中ブランコや闘牛など、卓越した身体能力を証明するパフォーマンスで、お茶の間を楽しませています。

みやぞんの身体能力を示すデータとしては、野球の遠投、90m。プロの野球選手になれる能力です。ボクシングでは、パンチ力が213kg。ちなみに、バンタム級トップのプロの全力パンチが、176kgとされています。

ギターは独学。コードや音楽理論を知らないまま、耳コピーだけで、みやぞんは、聞いた音楽を再現できるそうです。理論を知らず、完全にコピーできる能力は、サヴァン症候群の人に見られる現象です。発達障害を噂される延長で、みやぞんには、サヴァン症候群を疑う声も上がっています。

→イチロー選手のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

愛される天然!注意力散漫も笑いを誘う

みやぞんのキャラを語る時に、欠かせないキーワードが「天然」です。普通、表に出したがらないような話題も、ポロリと出てしまうのが、みやぞん。その語り口に嫌味はなく、独特な癒しを与えます。「天然」と称される所以です。注意力散漫なのも、笑いに変えてしまうのが、みやぞん。ツッコまれながら見せる極上の笑顔が、「天然」の印象を強めます。

天然と紙一重とされるのが、ADHDです。ADHDは、不注意さや衝動性などを、特徴とする発達障害です。ADHDの人は、注意力散漫で、忘れっぽく、日常生活に困難を抱えます。能力に凸凹が目立つ、みやぞん。不注意さに失笑する視聴者は、みやぞんの笑顔に、「天然」と発達障害の境界線を探る事になります。

→愛子さまのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 発達障害・自閉症・ADHD・LD・アスペルガーは遺伝する?確率的にはどの位なのか?

  2. 職場で孤立しやすい女性の3つの特徴!気にしないのが重要?

  3. 発達障害が自立するのに必要なポイント

  4. 発達障害のグレーゾーンは仕事にどんな影響を及ぼす?

  5. 発達障害の人は職場でどんな迷惑をかけるのか?

  6. 発達障害のイライラを抑える方法!食べ物や飲み物で改善できる?

  7. 子供の発達障害と自閉症の特徴と違い!

  8. 3歳児の発達障害の子供との接し方!

  9. 発達障害の特徴!1歳2歳3歳4歳でどの程度の変化がみられる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP