ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

性同一性障害と発達障害やアスペルガー症候群の意外な関係性とは?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

性同一性障害を訴える人の中には、実は、発達障害の人が少なくないと言われています。性同一性障害だから発達障害なのか?発達障害だから性同一性障害を訴えるのか?性同一性障害と発達障害の関係性について、整理してみます。

adhd

性同一性障害の診断に際して発達障害も鑑別される!発達障害も性別違和が生じる

性別違和を訴えると、性同一性障害とイコールで結びつける人が、多いのが現状です。しかし、性別違和を訴えるのは、性同一性障害だけではありません。

鑑別すべき性のあり様としては、同性愛や異性装などがあります。また、統合失調症や気分障害で、性別違和を訴える事があります。

発達障害でも、性別違和を訴える事が、稀ではありません。性同一性障害の診断に際しては、こうした疾病との鑑別が、慎重に行われます。

→アスペルガー症候群は摂食障害を併発しやすい?

発達障害で性別違和を訴えるのは何故?人間関係がうまくいかないのは性別が違うから⁉︎

発達障害の人は、対人関係にトラブルを抱えます。悪気なしに言ったりしたりした事が、相手を怒らせます。「自分は何かが違う」と、悩むようになります。そうした悩みが深まるのは、10~15歳の頃です。

この年頃は、性への関心が芽生える年代です。他の人と違う「何か」が性に結びつくと、「自分が周囲とうまくいかないのは、性別が違うからだ」と思い込むようになります。性同一性障害を訴えるようになります。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群の子供は情緒不安定になりやすい原因

発達障害の二次障害⁉︎発達障害の告知が遅れて性同一性障害を訴えるケースがある

発達障害への社会的な関心は、近年、高まっています。幼少期に発達障害の診断を受ける子供は、増えています。しかし、発達障害に気づかれず、大きくなる子供は、今でも少なくありません。告知が遅れる場合もあります。

対人関係のもつれを抱え、自分の中の違和感を性別と結びつけてしまった子供は、周囲の人の言う事に耳を貸しません。自己否定や疎外感を積み重ね、その後に自分で見つけた答えだからです。

性同一性障害を頑なに訴え、性転換手術を受け、それでも対人関係の問題が解決しない事から、精神科を受診して、発達障害が判明するケースもあります。

→アスペルガーや発達障害に幻覚幻聴が起こる原因!対応や対策は?

性同一性障害は物心ついた頃から性別違和に悩んでる!性同一性障害の原因は?

性同一性障害の原因は、解明中です。有力なのは、身体的な性別と一致しない性別への、脳の性分化です。性線、内性器、外性器などの性別は、胎児期に決定されます。その後、脳の中枢神経系にも、性分化が生じるとされています。

脳の性差が生じる際、通常は、身体的性別と一致します。その時、何らかの原因で、身体的性別とは一致しない脳を、部分的に持つ事によって、性同一性障害を発現すると考えられています。

そのため、自身の身体的性への違和感や嫌悪感は、物心ついた頃から抱く事になります。性同一性障害の人は、幼稚園の頃から、自分の身体が自分の意識している性別と異なる事に、悩んでいると言われています。

→アスペルガー症候群とうつ病の関係

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群, 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事