ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

統合失調症の薬!エビリファイ・ルーラン・ ジプレキサの副作用と効果

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

統合失調症の薬は、現在、第1世代と呼ばれる定型抗精神病薬ではなく、第2世代と呼ばれる非定型抗精神病薬が、よく用いられています。震えなどの神経症状、ホルモンバランスの異常による副作用、重篤な不整脈などの、全体的な副作用が少ないためです。第2世代の薬として処方される事が多い、エビリファイ、ルーラン、ジプレキサについて、効果と副作用を説明します。

utsu

体重増加が少ないエビリファイ!最も困る副作用はアカシジア

エビリファイは、ドーパミン受容体を部分的にブロックしたり増強したりして、ドーパミン量を安定させる薬です。エビリファイは、統合失調症の治療薬として開発されましたが、適応範囲が広く、双極性障害、うつ病、パーソナリティ障害、発達障害にも使われています。

エビリファイの良いところは、体重増加が少ない事です。体重増加は、抗精神病薬の副作用で困る事が多いデメリットです。また、強力な鎮静をかけないため、眠気やふらつきを起こしにくいのもメリットです。

ただし、十分な鎮静がかからないために、精神状態をかえって不安定にしてしまう事があります。また、エビリファイは、他の第2世代の薬よりも、高い頻度でアカシジアが見られます。

アカシジアとは、足がムズムズしてじっとしていられなくなる状態です。アカシジアに伴い、不安、イライラ、不眠などの精神状態が出現する事もあります。アカシジアの多くは、薬を飲み始めて数日内に現れます。

スポンサーリンク

→兄弟に統合失調症の人が居ると遺伝する確率が高くなる?

陰性症状の人に用いられるルーラン!幻覚や妄想を抑える力は弱い

ルーランは、作用が穏やかな統合失調症の薬です。主に軽症例の統合失調症の人に用いられています。統合失調症の急性期に多い、幻覚、妄想、興奮などの陽性症状を抑える効果は、弱い薬です。

その分、副作用が少ないのが、ルーランの大きなメリットになります。勝手に体が動いてしまう症状や、ホルモンバランスの乱れによる月経不順や性欲低下などの副作用を引き起こす頻度は、他の統合失調症の薬と比べて少ないのが、ルーランの特徴です。

ルーランは、セロトニン1A受容体を部分的に刺激する作用があります。セロトニン1A受容体の刺激は、落ち込みや不安を改善したり、注意力や判断力といった認知機能を改善させる働きがあります。ルーランは、統合失調症の陰性症状でうつ状態になっていたり、認知機能障害のある人に用いられる事があります。

→統合失調症と遺伝の関係!子供や孫に遺伝する可能性は?

最も良く使われているジプレキサ!糖尿病の人には禁忌

全体的な副作用が少ない、第2世代の抗精神病薬の中でも、最も良く使われているのが、ジプレキサです。抗精神病薬は、ドーパミンの働きを遮断するのが、主な働きですが、ジプレキサは、ドーパミン2受容体とセロトニン2A受容体に加えて、さまざまな受容体に対して、ゆるくブロックをかけます。ジプレキサは、多元受容体作用抗精神病薬という種類に属しています。

ジプレキサは、鎮静作用が強く、興奮や不穏に効果的です。陰性症状に対しても、効果があります。また、深い眠りを得やすくなるという特徴があります。

ジプレキサの難点は、体重増加が多い事です。これは、代謝に影響を与えて、血糖や脂質を上げてしまうのが原因です。そのため、ジプレキサは、糖尿病の人に使用する事が禁忌になっています。

→統合失調症の薬やめるとどうなる?飲まないと本当に回復しないのか?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 統合失調症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事