注目の記事 PICK UP!

過保護のカホコが発達障害かも?言われる3つの理由!イラつくとの関係性

スポンサーリンク

「過保護のカホコ」の主人公・カホコには、第1話から「イライラする」という声が続出しました。

公式ホームページでは「奇跡の純粋培養」という設定ですが、「過保護に育てられただけでは、こうはならないのでは!?」として、カホコに発達障害を疑う声が聞かれました。どんな理由からカホコは発達障害が疑われるのでしょうか?

kahoko

当たり前のコミュニケーションが取れないから

カホコは、うまくコミュニケーションが取れません。困った時には口をポカンと開けて、救いの手が差し伸べられるのを待ちます。それが度を越した過保護の結果なのか、カホコに問題があるのか、見極めが難しい描き方になっています。そのため、発達障害を疑う声を生んでいます。

その一方、カホコは、言いたいことが溜まると、感情的にまくしたてます。相手に配慮した言い方を考えることができません。

また、カホコは人の話を聞きません。聞き入れるのはママの言葉だけです。喋る時の相手との距離感も普通ではありません。明らかに近づきすぎて、相手を驚かせてしまうシーンがあります。

→イチロー選手のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

衝動的に動くことが多いから

カホコは、毎回のように走っています。走る必要がない時にも、カホコは走っています。走り方が年頃の女性に似つかわしくない様子で、小学生の男の子のような印象を与えます。実年齢にふさわしくない行動の幼さに、イライラする人が少なくありません。

考えもなしに動き回る結果、しくじりも多く、カホコは大小取り混ぜて多くの失敗をします。失敗すると、カホコはパニックになって慌ててしまいます。感情の浮き沈みが激しく、ネガディブになるかと思うと、妙にポジティブになったりもします。

→ジミー大西さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

尋常でない過眠傾向を見せるから

カホコは、極端な過眠傾向を示します。朝は自分で起きることができません。満腹になると眠り込んでしまいます。電池が切れた人形のように、パタンと眠ってしまいます。学童保育のインターンシップの最中も、眠気と必死に戦っていました。

発達障害の人には睡眠障害を起こしている人が少なくありません。特に、衝動性を特徴の一つとするADHDの人は、「朝起きるのが苦手」「日中眠気と戦う」という人が多いとされています。ただし、発達障害の人は、カホコと違って、夜の寝つきが悪いというケースが少なくありません。

→みやぞんは発達障害やサヴァン症候群!?天然や天才肌には多いのか?

関連記事

  1. 子供の発達障害と自閉症の特徴と違い!

  2. 顔で見る発達障害の特徴

  3. 学校では教えてくれない!発達障害の子供を診断チェックするポイント!

  4. 発達障害と軽度知的障害の違い!学校は普通学級で問題ない

  5. 発達障害グレーゾーンの特徴!子供は小学校の普通学級でやっていける?

  6. 発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

  7. 栗原類さんのケース!アスペルガー・ADD・発達障害のエピソード

  8. 発達障害のコミュニケーション障害の特徴と治療法!

  9. 発達障害の子供に疲れた!辛い育児の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP