ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDとドーパミンの関係性!改善するポイントはドーパミン!

      2017/12/02

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDの人は、ドーパミンが不足している可能性があるとされています。そのため、治療薬を含めて、症状を改善するポイントは、「いかにしてドーパミンを増やすか」という事になります。ドーパミンを健康的に増やす方法を説明します。

adhd

ADHDの治療薬はドーパミンを増やす薬!副作用のリスクがあるのが心配

ADHDの治療薬として現在使われているのが、コンサータストラテラです。いずれも、ドーパミンを活性化したり増やしたりします。ドーパミンは、快感や意欲、運動の調整に関わる神経伝達物質です。ドーパミンを増やすと、前頭葉が活性化されます。前頭葉が活性化されると、ADHDの症状は改善されます。

ただし、ADHDの治療薬には副作用があります。脳に作用する強い薬だからです。副作用としては、食欲が無くなる、寝つきが悪くなる、瞬きや体を揺する事が止まらないチック症状などが知られています。

→ADHDの人の就職相談!デザイナーや起業家になるべきなのか?

ドーパミンは運動によっても増やせる!毎日目標を設定すると更に効果的

副作用が心配で薬物療法に踏み切れないという場合は、日常生活でドーパミンを増やす工夫をしてみましょう。簡単に実践できるのが運動です。運動すると、新しい脳細胞のレセプターが増えます。脳細胞のレセプターが増える事によって、ドーパミンのベースラインのレベルが上がると言われています。

運動はリズム運動が効果的とされています。ウォーキング、自転車漕ぎ、水泳、ダンスなどがオススメです。また、漫然と運動するより、毎日目標を設定して、目標を達成するようにすると、脳が新しい方法で訓練され、ドーパミンを生産するようになると言われています。

スポンサーリンク

→子供・幼児のADHDチェックリスト!いくつ以上でADHDなのか?

日光を浴びながら運動するとセロトニンも増える!セロトニンとドーパミンの関係は×××

ドーパミンの働きを助けるのが、セロトニンとされています。ドーパミンが不足している時に、ドーパミンの量を増やしてくれるのがセロトニンです。セロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質です。

セロトニンの分泌を促すのが、日光とリズム運動と言われています。リズム運動を行う時は、日光を浴びるようにすると効果的です。手軽に行えるのが、早朝のウォーキングです。少し早起きして、日光を浴びながらウォーキングする習慣をつけましょう。

→ADHD不注意型と診断!治療対策は服薬のみ?効果的な対応策は?

薬以外にドーパミンを手軽に増やすならコチラ!副作用の心配が無く子供にも安心

リズム運動や日光浴をしながら試してみたいのが、ドーパミンの素になる成分を摂取する方法です。ドーパミンの素になる成分として知られるのが、Lドーパです。Lドーパは、アミノ酸の一種で、体内でドーパミンに変化します。Lドーパを含む食品として、古くから知られているのが、ムクナ豆です。

無添加のムクナ豆を原料にした健康自然食品が、「たっぷく豆」です。「たっぷく豆」は、ドーパミンの素になる成分を穏やかに増やしていくので、副作用の心配がありません。ADHDの子供に安心して与える事ができます。

→たっぷく豆の公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Comment

  1. まちこ より:

    自己肯定
    の使い方、文中で間違えていませんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事