ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの生き方!女性は苦労するって本当?自分らしい幸せを得る方法

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDの人は、生き方にも工夫をしないと充実した生活を送れないのでしょうか。

特に女性の場合は苦労すると聞きますが、本当なのでしょうか?

adhd

ADHDの人は努力が必要な場合もある

ADHDなどの発達障害の方は、見た目では区別がつかない人が多いです。

見た目に特徴があるわけではないので、話していたときなど、行動を見たときに、他の人とは違うことがわかることが多いです。

大人のADHDの場合、仕事や生活などで疲れてしまって趣味などに費やすエネルギーが残っていない場合もあります。

でも、大人のADHDの人こそ、趣味などに没頭する時間も必要になる場合もあります。

日々のストレスなどを溜め込みすぎないように、趣味などの時間も作っていると、うつ病などの精神障害を避けることへもつながるのです。

プライベートを充実させることで、二次障害を防げるのですよ。

また、対人関係が不得意な人の場合、会話力を身につることで、社会に出ても浮かないですごすこときるようになります。

言葉のキャッチボールができるように心がけてくださいね。

それによって、ストレスを減らすことができるかもしれません。

不注意が多い場合でも、確認することを習慣づけることで普通の人と変わらない生活を送れるようにもなるのです。

スポンサーリンク

→女性や子供のADD・ADHDの人は部屋を片付けられない?治療できるのか?

ADHDは女性のほうが苦労する?

女性の場合ほとんどの人が、恋愛し結婚をして誰かと一緒に過ごすことになりますよね。

症状を悪化させてしまうなどのことがあると、結婚相手にも負担をかける原因となってしまいます。

専業主婦などになる場合は、家事をしなくてはいけませんよね。

ADHDは片付けが苦手な人も多く、うまく片付けができるように工夫をしなくてはいけないかもしれません。

生活面だけでも、いろいろな工夫が必要な場合もありますが、ADHDだから恋愛できないということはないので安心してくださいね。

発達障害であっても、それを受け入れてくれる人、またはフォローしたり支えたりしてくれえる人もたくさんいます。

治療しているうちに改善の効果がみられ、普通の人と変わらない生活を送っている人もいます。

ADHDの女性だから苦労するという決めつけはできないのです。

ADHDの男性は、仕事関係で苦労する人もいると思います。

性別によって苦労する方面が違うだけなのかもしれません。

女性の場合、将来子育ても加わってくる分苦労するのかもしれませんが、工夫と努力次第では普通の人と変わらず生活することは可能です。

頑張っているけど無理などと思ったときでも、自己嫌悪や劣等感に押し潰れる前に、周りの人に相談するようにしてくださいね。

相談できる人を作るようにしておくといいですよね。

相談できる人や協力できる人を作りのも無理と感じたら、医師やカウンセラーに相談することも大事です。

大人の場合、溜め込んで二次障害である精神障害になりやすい人が多いので、それを避けるためにも一人で抱え込まないようにしてくださいね。

適切な治療や対応を受けていることで、症状の悪化も防ぐことができ、改善もできるかもしれません。

→ADHDやADDの適職はデザイナーや歌手?営業に向かない理由とは?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事