ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDはサプリで改善されるのか?副作用の心配は?

      2017/11/30

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDは、症状を緩和する薬があります。ただし、薬には副作用があり、薬を飲んでいて、以前のような日常生活が送れなくなる場合もあり得ます。

サプリの中に、ADHDの症状を改善できるものはないでしょうか?副作用の心配は、サプリには無いのでしょうか?

adhd

不足しているのがドーパミンやセロトニン!サプリで補うのが効果的

ADHDの症状は、ドーパミンの不足が原因と言われています。普段の食事からドーパミンを補う事は難しいので、サプリを活用したいものです。

ドーパミンの調整には、セロトニンも必要とされています。ドーパミンに加えて、セロトニンを補うと、より効果的です。

ただし、サプリには、さまざまな成分が配合されています。成分を確認し、発達障害の人が摂取しない方が良い物が含まれていないか、チェックしましょう。

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか? 

含有成分で除外したいのは×××!発達障害の人は消化酵素の働きが不十分⁉︎

発達障害の人には、食物アレルギーを持つ人が多いとされています。特にアレルギー反応が出やすいのが、小麦と乳製品です。小麦に含まれるグルテンというタンパク質と、乳製品に含まれるカゼインというタンパク質が、問題になります。

発達障害の人は、タンパク質を分解する酵素の働きが十分でなく、グルテンやカゼインを完全に分解できません。完全に分解されないと、未消化タンパク質に変化します。未消化タンパク質は、体に悪いので、通常は体に吸収されません。

しかし、発達障害の人は、腸の働きが十分ではなく、未消化タンパク質を吸収してしまうとされています。小麦と乳製品が含まれているサプリは、避けましょう。

スポンサーリンク

→ ADHDの市販薬はあるのか?コンサータやエビリファイの効果や効能は? 

腸内環境を整える事も大切!乳製品には注意して乳酸菌は摂取しよう

ADHDの子供は、腸の働きが不十分な事が少なくありません。腸内環境を整える事が不可欠です。腸内環境を整えただけで、ADHDの症状が少し改善されたという事もあります。

ADHDの人は、乳製品に含まれるカゼインに過剰反応する事があるため、乳製品の摂取は控える必要がありますが、乳酸菌は積極的に摂取しましょう。

→ADHDは物忘れが酷いのが悩み!アルツハイマーとの関係性について!

物忘れを改善するDHAは積極的に補おう!酸化を防ぐ×××も配合されている物がベスト



ADHDの人が悩まされるのが、物忘れです。物忘れは、DHAが不足すると、現れる症状です。DHAが、脳の海馬と呼ばれる領域に多く存在すると、記憶力が良くなると言われています。

DHAは、体内ではほとんど作る事が出来ません。食品では、青魚が多くのDHAを含んでいますが、加熱すると失われやすくなります。

DHAや、体内でDHAに変換されるEPAは、酸化しやすいのが難点です。サプリとして摂取する時は、酸化を防ぐビタミンEも、配合されている物を選びましょう。

ビタミンEも配合され、1包に750mgのEPAとDHAが含まれているのが、「美健知箋EPA&DHA」です。「美健知箋EPA&DHA」は、シームレスカプセルで仕上げてあるので、酸化の不安はありません。

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事