ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDはサプリで改善されるのか?副作用の心配は?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害であるADHDはサプリメントで症状の改善ができるのでしょうか。

どのようなサプリメントなら改善の効果が期待できるのでしょう。

adhd

サプリメントでの改善効果

ADHDの治療方法には、薬物療法や食物療法などもあります。

薬や食事でとれる成分のはいったサプリメント、また、同じ作用のあるサプリメントであると、改善の効果が期待できますよね。

ただし、ADHDの人が食べてはいけない食べ物もありますので、それらの成分が含まれていないものにしないといけません。

ドーパミン不足を補うためのサプリメントの他にも、ドーパミンの調整に必要なセロトニンなど、たくさんの種類の成分があります。

また、発達障害の方は食物アレルギーを持っている人も多くみられます。

それらの成分が入っていないことをきちんと確認してくださいね。

少しでも不安に感じたら、飲んでいいものなのか医師と相談するのもいいですよね。

「オススメされているから」、「サプリメントだしいいか」と気軽に飲んでしまうと、症状を悪化させる原因となってしまう場合もありますので注意してください。

自分が食べてはいけないものが含まれているサプリメントの服用はしないほうがいいです。

スポンサーリンク

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか? 

どんな成分のサプリが効果的?

ADHDの人は腸の働きが正常にできていない人も多く、本来吸収されないはずの未消化たんぱく質まで吸収してしまう人も多いようです。

なので、腸内環境を整える成分も取り入れるといいですよね。

よく耳にされていると思いますが、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてあげてください。

ただし、牛乳に含まれるガゼインというたんぱく質に過剰反応する人もいますので、その場合は乳製品を含んでいないものがいいですよね。

未消化たんぱく質というものは、ADHDなどの発達障害の人に多いのですが、酵素が不十分でたんぱく質をうまく分解できないので、消化酵素をとり入れるのもいいです。

腸内環境が悪い場合、食べ物アレルギーや食物過敏などになり、それが脳にまで影響している場合もあるのです。

なので、まずは腸内環境を整えたほうがいいといわれています。

それだけで、症状が少し改善したという人もいるようです。

そのあとに、脳神経の発育や維持に効果があるとされているDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA (エイコサペンタエン酸)をとりいれるのもいいですよね。

ドーパミン不足が原因ともされていますので、ドーパミン不足を解消するのに手助けしてくれるサプリメントは効果的なのかもしれません。

サプリメントは、薬ではないので基本副作用はないとはされていますが、アレルギーを持っていたり、ADHDの人が食べてはいけないとされている食べ物や成分が入っていたりするサプリメントは、避けたほうがいいですね。

アレルギーがある場合などは、医師に相談して、サプリメントも一緒に飲んでいいか相談するのも大事です。

もちろん個人差は食事療法とサプリメントの併用で、改善の効果があらわれる場合もあるのでがんばってくださいね。

→ ADHDの市販薬はあるのか?コンサータやエビリファイの効果や効能は? 

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事