ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの息子の将来が不安!長所を伸ばすトレーニング法

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

子供がADHDだった場合、将来どうなってしまうのか不安もありますよね。

親としてできることはしてあげたいと思うのが普通ではないでしょうか。

もし、子供がADHDだった場合、将来のことについて考えたとき何をしてあげればいいのでしょうか。

adhd

子供の症状の改善を目指す

ADHDである場合、少しでも症状を改善させるために、治療や工夫をしますよね。

子供の年齢にあった対応や、工夫をしてあげることも大事になってきます。

小さいうちは、子供の症状で困ることが多いのは、落ち着きがなかったり、すぐ手をあげたりといった行動が多いことですよね。

子供が男の子だと、「あそこの息子さん、乱暴者ね。」ぐらいに見ている方も多いかもしれません。

そのままにしておいた場合、先生や大人の人も、注意してもそういった行動をなおすことができないといった無力感がうまれ、その子に接することを避けてしまうこともある場合もあります。

ですが、小さいうちから家や学校、保育園や幼稚園などでも、周りの人にADHDでの症状でそういった行動をしてしまうというのをわかっていて、適切な対応や支援をされ見守ってあげることで、症状が改善する可能性もあり、将来二次障害としての精神病をもってしまうことも防ぐこともできます。

早い段階から対処をすることにより、大きくなった時に、多動性と衝動性の症状を軽減できている場合が多いのです。

不注意に関しては、持続しやすい場合も多いのですが、多動性と衝動性の症状を抑えることができれば、息子さんや娘さんが大きくなった時に、学校や仕事での困難な部分も減らしてあげることができますよね。

スポンサーリンク

→ADHDの人は受験勉強や結婚が苦手?カウンセリングでなんとかなりますか?

子供の長所を伸ばすには?

ADHDの子には、得意なことや好きなことには集中できるけど、苦手なことには集中できず、やらない場合もありますよね。

将来のことを考えて「勉強してくれなくて困る」とか「同じことを何回いっても治らない」からといって、叱ってばかりいると自信喪失につながり、症状の悪化やストレスによってうつ病になってしまうことだってあります。

物は考えようとも言いますが、好きなことになら集中できるというのなら、その好きなことをもっとやらせてあげてもいいですよね。

多動性が強く出ているようなら、積極的と考えてみるのもいいですね。

ADHDという発達症状の特徴としての症状と考えず、個性としてとらえてみるのもいいかもしれません。

無理に周りの人に合わせようとせずに、その子の長所を生かしたことをさせてあげることによって長所を伸ばすことができますよね。

できないことを無理にやらせるのではなくて、できることをもっとやらせてみるといいです。

子供のうちは、できないことを叱って自信喪失させてしまうよりも、できることをほめて伸ばしてあげるほうがいいですよね。

それによって、もしかしたら将来息子さんや娘さんが成功することだってあるかもしれないのです。

全てのADHDの子供に才能があるわけではないですが、可能性はありますよね。

好きなことを見守りながら続けていけば、将来その好きな仕事で効果としてあらわれるようになるのです。

→ADHDのグレーゾーンとは?ADHDの反抗期は普通よりも酷い?限界を感じたらどうすべき

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事