ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの息子の将来が不安!長所を伸ばすトレーニング法

      2017/11/29

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

子供がADHDだった場合、将来の事が不安になりますよね。親として出来る事をしてあげたいものです。親として出来る事は、どんな事があるでしょうか?

adhd

早い段階でケアを始める事が大切!衝動性が強いタイプは特に早めが肝心

 

ADHDと診断がおりる前でも、子供の様子からADHDが疑われたら、ケアは始めるようにしたいものです。特に衝動性が強いタイプは、道路に飛び出したり、友達に手を出したりして、怪我やトラブルが絶えません。子供が男の子だと、「あそこの息子さん、乱暴者ね」と見られてしまいかねません。

放置していると、誤解を生み、本人も叱られる事が続き、自信を失います。その結果、将来、うつ病のような二次障害を引き起こす事があります。問題行動がADHDによるものと認識してもらう事で、二次障害に発展するのを防ぐ事が可能になります。

→ADHDの人は受験勉強や結婚が苦手?カウンセリングでなんとかなりますか?

ナガラが本人にとっては集中できる状態だった!叱る前に本人の話を聞こう

 

 

ADHDの子供で保護者が困るのは、やるべき事に集中できない事です。宿題を始めるのに、異様なほど時間がかかり、何度注意しても、取り掛かろうとしないのが普通です。ようやく取り掛かっても、音楽を聴きながらだったり、体を動かしながらだったりします。

「宿題に集中しなさい」と叱ってばかりでは、本人はやる気を失います。実は、「何かをしながら」という状態は、ADHDの子供にとっては、集中しやすい状態とされています。「何度同じ注意をしても直さない」と嘆く前に、本人にとってどんな感覚なのかを尋ねる事が大切です。

スポンサーリンク

→ADHDのグレーゾーンとは?ADHDの反抗期は普通よりも酷い?限界を感じたらどうすべき

出来る事を積み上げていく事が大切!出来ない事ではなく出来た点に注目しよう

ADHDは、不注意、多動性、衝動性が目立つ発達障害です。そのため、叱られる事が増えます。本人は、「自分にはこんな事も出来ない」というコンプレックスを、抱いている事が少なくありません。出来たと感じる段階を小さく設定しましょう。

些細な事でも、本人が「出来た!」と感じるようにして、出来る事を増やしていくのが、長所を伸ばすコツです。出来た事に対しては、ADHDの子供は集中して取り組む傾向があります。達成感を味わう事で、本人にとって良い循環を作るようにしましょう。

→ADHDは見た目でわかる?どの位の割合でADHDの人は居る?

デキタをサポートするのがブレインフード!リン脂質が子供のADHDに効果的

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

「出来た!」と感じるには、不注意を改善する必要があります。集中力の欠如を改善する効果があるとされるのが、脳細胞の材料であるリン脂質です。

リン脂質は、最近注目されている、ブレインフードの1つです。成長期は、脳が形成されるため、子供に与えたい栄養素とされます。

リン脂質の一種で、大豆に含まれているのが、ホスファチジルセリンです。大豆に含まれる量は、0.003%程度です。希少な栄養素であるホスファチジルセリンを1粒に100mg配合してあるのが、「コドミン」です。

「コドミン」は、食品扱いなので、毎日飲んでも副作用のリスクがありません。

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事