ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDは見た目でわかる?どの位の割合でADHDの人は居る?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害であるADHDは見た目でもわかるのでしょうか。

ADHDの顔の特徴として書かれているサイトもあるのですが、本当なのでしょうか。

adhd

ADHDは見た目で区別はつけられません

ADHDは見た目ではなく、行動によって判断できる発達障害になり、顔に特徴はありません。

普通の人と同じように、両親の顔の特徴を受け継いでいることが多く、特に見た目に特徴があるといった区別はできないのです。

脳の機能障害からくる発達障害なので、「頭が大きかったり小さかったりなどもあるのかな?」とも思う人もいると思いますが、脳の内部での機能障害であって、頭の大きさは普通の人と変わらない場合も多いです。

歪んでいるから発達障害などということもないのです。

周りで頭が歪んだり、とがっていたりするような子がADHDだったということもあるかもしれませんが、「たまたまその子がそうだった」からといって、すべてのADHDがそういう見た目をしているわけではありません。

普通の人と変わらないけどADHDの人はたくさんいます。

ADHD症状は、行動にあらわれますので、決して見た目で判断しないようにしてくださいね。

見た目だけで、ADHDであるなどは根拠も何もないのですから。

スポンサーリンク

→ADHDの息子の将来が不安!長所を伸ばすトレーニング法

ADHDはどのくらいの割合でいる?

ADHDの症状ではなくても、行動の特徴だけで見た場合、6歳から15歳の子供の中で約7~10%ぐらいの割合で特徴に当てはまるといわれています。

成長過程の子供がとる行動なので、もちろんADHDじゃない場合もありますが、だいたい10人に1人ぐらいはいる割合ですよね。

その中でも、日常生活や学校生活などで支障をきたすほどの症状が出ている、ADHDの可能性があるといわれる割合が3%ぐらいのようです。

100人に3人ぐらいの割合でいるようですね。

子供が小さいうちは判断が難しいために、違う発達障害であってもADHDと診断される場合も、その逆もあります。

全ての発達障害での割合が、6.5%となっているようです。

この6.5%という数字は、医師の診断を受けた型ではなく、学校の先生などが発達障害の子がとる行動がでているのでそうなのではないかという数字になります。

米国ではADHDと診断されている子供が、11%いるというデータもあります。

まだあまり知られていなかったり、診断を受けていなかったりする人も多い発達障害なので余計なのですかね。

ADHDは、自閉症やアスペルガーの次に多いといったデータもでているようです。

ただ、ADHDだけど似た症状でアスペルガーとされている方や併発している方も多いので、あくまでも目安として考えてくださいね。

また、大人のADHDの割合は、大人になってからADHDだったと気づいた人や、診断されている方も多くいるため、正確な割合のデータはとれていないようです。

すでに、自分で症状を改善する工夫などをされている方もいるし、診断を受けていない方も多くいますもんね。

日本でのデータはないのですが、参考として、海外でのデータだと、大人で精神科などを受診してADHDだと診断された人の割合は15%~17%ぐらいだったようです。

→ADHDは物忘れが酷いのが悩み!アルツハイマーとの関係性について!

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事