ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADDやADHDは幼児に遺伝する?特徴は3歳頃から現れるのか?

      2017/11/24

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADDやADHDは遺伝するのでしょうか?自分やパートナーがADDやADHDと診断されていた場合、子供にも遺伝するのかが気になりますよね。

遺伝するとしたら、確率はどのくらいでしょうか?ADDやADHDの特徴が顕著になるのは、何歳くらいからでしょうか?

adhd

一卵性双生児なら遺伝の確率は55~92%!先天性である可能性が高い

子供が一卵性双生児の場合、一方がADDやADHDなら、もう一方もADDやADHDである確率は55~92%とされています。ADDやADHDは、親の育て方によると考えられてきた事もありますが、現在は先天的である可能性が高いと考えられています。

親がADDやADHDの場合、子供がADDやADHDになる確率は20~54%とされています。兄弟姉妹がADDやADHDの場合、他の兄弟もADDやADHDである確率は25~35%と言われています。

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

ADDやADHDの特徴が顕著に見てとれるのは集団生活を始めてから

ADDやADHDを疑う行動は、はいはい時期から見られると言われています。方向を定めないで活発に動き回るようなら、注意して様子を見守りましょう。1~2歳の時に、目標を次々に変えて動き回るのも、ADHDの可能性があると言われています。

ADHDの特徴が顕著に見てとれるようになるのは、集団生活を始めるようになってからです。集団生活が始まるのは、だいたい3歳からです。

保育園や幼稚園に入ると、同じ年齢の他の子供がしている事を、一緒にできないという事が目立つようになります。集団生活に馴染めず、友達が作れないようなら、「ADDやADHDの可能性があるかも?」と注意してみる事が大切です。

スポンサーリンク

→子供が病院でADDやADHDを診断するためのテストやチェクリスト!どんな事をするのか?

子供は困っている!症状に合わせたサポートは早めに始めよう

小学校に入学する以前は、不注意よりも多動性や衝動性が目立つ事が多く、乱暴な子供と誤解される事が少なくありません。注意されてばかりで、本人は、次第に自信を失っていきます。

他の友達と一緒に行動できないと、友達が出来ず、本人は生きづらさを抱えている事が少なくありません。集団生活を始めて、周囲に馴染む事が出来なかったら、専門機関に相談しましょう。

早ければ、3歳頃から発達障害の診断がおりる事があります。早期に適切なケアを始める事で、本人の生きづらさは軽減されます。

→ADDとADHDの違い!子供の特徴や症状!改善策や対応方法は?

子供の頑張りをサポートする簡単な方法があった!食品なので副作用のリスクが無い

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

専門のケアを受けるのに加えて、すぐにでも始められるのが、情報伝達をサポートする成分を摂取する事です。小学校に入る前に顕著になる衝動性をコントロールするには、情報伝達をサポートする成分を、摂取するのが効果的と言われています。

情報伝達をサポートする成分として注目されているのが、ホスファチジルセリン(PS)です。ホスファチジルセリンは、大豆に0.003%ほど含まれている成分です。大豆から摂取するよりも、効率よくホスファチジルセリンが摂取できるように作られているのが、「コドミン」です。

「コドミン」は1粒に100mgのホスファチジルセリンが配合されています。食品なので、副作用のリスクがありません。

→ADDとADHDの違い!子供の特徴や症状!改善策や対応方法は?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADD, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事