ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

      2017/11/23

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク


ADDやADHDと診断された場合、いくつかの治療方法があります。薬物療法、食事療法、心理療法、インタラクティブメトロノームが、一般的に用いられている改善方法です。中でも多いのが、薬物療法と食事療法です。薬と食事療法で、ADDやADHDの症状は本当に改善されるのでしょうか?

adhd

薬は症状を一時的に抑えるもの!副作用にも注意が必要

ADDやADHDの治療薬は、中枢神経刺激薬と非中枢神経刺激薬の2種類に分けられます。いずれも、集中力を高めたり、衝動性をコントロールして、ADDやADHDの症状を改善する効果が期待できます。

ただし、根本的に治すわけではなく、症状を「一時的に抑える」という認識が適当です。

効果の現れ方には個人差があります。効果があまり現れないケースもあります。効果が高く現れた場合も、医師の指示に従って正しく服用しないと、症状の改善が期待できなくなるだけでなく、副作用のリスクも出てきます。

副作用としては、食欲不振、不眠、頭痛、吐き気など体調に現れる場合と、精神的に不安定になったりイライラしたりというように精神面に出る場合があります。

→子供が病院でADDやADHDを診断するためのテストやチェクリスト!どんな事をするのか?

安易に薬に頼りすぎないようにしよう!副作用の心配が無いのは心理療法

薬物療法は、効果に個人差があるうえ、服用を誤ると副作用のリスクがあります。子供に薬を飲ませる場合は、様子を見ながら慎重に検討しましょう。安易に薬に頼りすぎるのは、控えたいところです。

副作用の心配が無い治療方法が心理療法です。心理療法では、どのように行動すると良いかを教え、本人の生きづらさを緩和するようにケアします。副作用が無く、実践的なので、ADDやADHDの症状の改善に取り入れられています。

ADDやADHDは、細かく6つのタイプに分ける事ができるとされているので、タイプによって効果的な方法を選びましょう。

スポンサーリンク

→ADDやADHDは幼児に遺伝する?特徴は3歳頃から現れるのか?

今日から始められる食事療法!摂取を控えるのは××だった

ADDやADHDの治療で、すぐにでも始められ、副作用のリスクが無いのが、食事療法です。バランスの取れた食事を摂り、砂糖の摂取を控えるだけのシンプルな治療方法です。

砂糖は、代謝を行う際に体内のビタミンやミネラルを大量に使ってしまいます。そのため、砂糖の摂取量が多いと、イライラしやすくなるとされています。

また、栄養バランスの偏った食事を摂っている場合も、イライラしやすかったり、怒りっぽくなったりします。栄養バランスを整え、砂糖の摂取量を控える事で、薬物療法の副作用に悩んでいる時、代替効果が期待できます。

→ADHDの薬!子供へのストラテラの効果と副作用!注意したいデメリットは?

衝動性のコントロールに有効なサプリメントはコチラ

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

食事だけで十分な量を摂取できない成分については、サプリメントを利用するのも良い方法です。

ADHDと診断された子供が、日常生活で一番困るのは、衝動性をコントロールできない事です。落ち着きをサポートする成分として注目されているのが、ホスファチジルセリンです。ホスファチジルセリンは、大豆に含まれるリン脂質の一種です。

ただし、大豆には0.003%程度しか含まれていません。大豆由来のホスファチジルセリンを1粒に100mg配合してあるのが、「コドミン」です。摂取量の目安は、1日に1~2粒です。

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADD, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事