ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群診断のメリットは対応作が分かる事!ではデメリットは?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害の1つである、アスペルガー症候群。

診断した場合のメリットデメリットがあるようです。

adhd

診断したときのメリット

アスペルガー症候群の診断を受けることによって、メリットともいえることもあります。

診断を受ける前は、人とのコミュニケーションがうまく取れず、自分1人で抱え込み、不安を抱えてしまうことや、ストレスになってしまっていたことが、医師に相談・診察してもらうことによって、アスペルガー症候群という診断が出た場合、気持ちが軽くなる人も多いようです。

診断が出ることによって、発達障害ということを理解してくれる人も増えます。

医師やカウンセラーはもちろん、職場などでも発達障害のことを理解してくれる人でしたら、いい理解者になってくれますよね。

また、診断を受けることによって、適切な薬を服用するなど、自分にあった治療を受けることができます。

必要以上に1つのことにこだわってしまうなどの症状も、抑制することもでき、薬を服用することによって、イライラなどからも解放され、精神面でも安定することができるようになりますよね。

中には、アスペルガー症候群も含むのですが、自閉症の人は薬剤に敏感な体質の人も多く、薬の服用で逆に精神的に不安定になってしまったり、体の調子が悪くなったりする人もいます。

人によって個人差がありますので、どの薬が自分にあっていて、どのくらいの量なら適量なのかも医師と相談して決めていくこととなります。

また、知能検査を受けることによって、自分の特性を知ることができます。

津脳検査の結果のコピーをもらって、自分の不得意なことを克服することもできるのですよ。

最後に、症状によっては、福祉の支援サポートなどを受けることもできます。

なかなか就職できない時でも、障碍者雇用を利用して就職することも可能なのです。

スポンサーリンク

→病院でアスペルガー症候群の診断を受ける場合は何科?

診断を受けたときのデメリット

デメリットしてあげられることが、アスペルガー症候群という診断名がついたときに、自分の評価を低くみてしまい、落ち込んでしまう人も多くいます。

普通の人より劣っているなど思ってしまう人も少なくありません。

コミュニケーション能力が低いなどの特徴がありますが、高い集中力や記憶力があるなどいい面もあるのを忘れないでくださいね。

また、人によってはとらえ方も違うので、偏見を持つ人も少なくありません。

周囲の人が、発達障害への理解がない人が多い場合、嫌な思いをしてしまうこともあるかもしれません。

残念ながら、アスペルガー症候群のことを、まだ十分に知っている人も少ないのが現状です。

正しい知識を持った人なら、偏見をもった目で見られることもないのですが、環境によっては、理解者がいないことや、少ないということもあります。

診断をうけるうけないは、個人の自由ですので、アスペルガー症候群という診断名をつけられたくない人や、周りに知られたくないからうけないという選択肢を選ぶのも自由です。

→幼児のアスペルガー症候群診断テストはどんな内容?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事